あんなことやこんなこと。ゆるゆるポンコツ雑記帳です。ごく希にですが真面目な事を書いてみたりみなかったり、、どっちやねん。

by 銀玉
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
タグ:浅草 ( 49 ) タグの人気記事
立ちしょん処

浅草寺の喫煙所近くにあるこれ。

b0156734_14473212.jpeg

前からすごい気になっていたんです。

b0156734_14480216.jpeg
開放的で気持ちええんやろな。

と思いつつ、、生憎ここでする勇気は持ち合わせていませんの。


イヴですね、、、


by gindama_pistol | 2018-12-24 14:46 | 拙言 | Trackback | Comments(2)
あの建物が消えた

今日久しぶりにキラー通りを歩いていたらぶったまげた。

b0156734_14541666.jpeg

b0156734_16292835.jpeg


これは事件だ!

あの歴史的壁画は、、、

いかんいかん、冷静になってググってみて出てきた美術手帖の記事を見てひと安心。

でもやはりあの場所に建っていて欲しかったな。

もうひとつおまけで、、、

今年2月に解体作業が始まった浅草観音温泉。
b0156734_15083870.jpeg
先日前を通りがかったんです。


未だに白い壁で囲われてます。
b0156734_15093371.jpeg

隙間から覗いてみると。
b0156734_15104002.jpeg
湯舟がまだ残っていました。

あの有名?だったモザイクタイルのマーメイドがあった湯舟ですね。
b0156734_15111249.jpeg

こうしてオリンピックに向けて東京から昭和がどんどんなくなっていくんですね。



by gindama_pistol | 2018-10-18 14:53 | 拙言 | Trackback | Comments(0)
最もエロティックな宴なのだ

去年の3月、夢のまた夢が叶った日、、、

あらから年を越えて、もう一度あそこに伺えるとは、、、東京は大雪だと言うのに待ちきれず浅草へ。

b0156734_13543099.jpg

先ずは浅草神社へお参り。
b0156734_13545844.jpg

そして浅草寺でおみくじを引く。
b0156734_13563351.jpg
その時のおみくじがこれ

ますます強まる雪。
b0156734_13570931.jpg

そしてあのお店に向かうのだ。

b0156734_13574120.jpg
御狩場焼 鷹匠 壽

はぁ、、、今年も来れるなんて幸せもんやなぁ。

前回たっぷり写真を載せたので今回はさくっとね。

b0156734_14005254.jpg

これ、前回は味わえなかった雲丹、、、初っぱなからカウンターパンチだよ。

そして今日は珍しいものがあるよ、ラッキーだねと。
b0156734_14015966.jpg
キジのお刺身です。

b0156734_14030816.jpg
なんとも言い難いねっとりと舌に絡みつく上品な身がエロティック、、それでいてしっかりと味深い。


そして、、、
b0156734_14084254.jpg
たかぶくん、、ああんもう!!!
添えられた菜の花がたかぶの脂を吸って素晴らしく旨い。

メインの御狩場焼が出てくる頃には夢の中。
b0156734_14102350.jpg
なんともまぁエロティックな、、、

二度目の御狩場焼でまたまた新しい衝撃が走ります。


そしてこちらが主宰者さんが持ち込んで頂いたワイン達。
b0156734_14164773.jpg

b0156734_14164811.jpg

b0156734_14164904.jpg

b0156734_14165097.jpg

b0156734_14165183.jpg
ワインは詳しくないので良く分からないのですが、どれも素晴らしく料理に合って美味しかったです。

帰りにはお年賀も頂き大満足♪
b0156734_17385491.jpeg

また来年来れるかな、、、2度あることは3度あるなり!



b0156734_18092702.jpeg








第2回プラチナブロガーコンテスト



by gindama_pistol | 2018-01-31 13:50 | 外食道楽 | Trackback | Comments(2)
いいこと尽くめ

昨日おみくじひきました。

b0156734_10354310.jpg
こんなパーフェクトなおみくじってあるんですね。

上手くいかなくともおみくじのせいにしないのでよろしくお願いします。



by gindama_pistol | 2018-01-23 10:35 | 拙言 | Trackback | Comments(0)
あのビーフシチューをもう1度
b0156734_13380397.jpg
これ浅草のどこか分かりますか?

去年の12月に久しぶりに通りがかってショック受けたんです、、、

この牛カツ屋さんのあった場所は僕が大好きだったフジキッチンさんがあった場所なんです。

調べてみたら去年の6月に閉店したとの事、、、お店の方もご高齢だったし仕方なかったのかな。

でも知っていれば最後にもう一度食べに行きかかった。

そしてこれでまた一つの昭和が浅草から失われてしまったんだなぁ、、、

最後に去年の2月に行った時のハンバーグ写真を。

b0156734_13532914.jpeg

銀の猫ちゃんも休んでるのかな。
b0156734_13540863.jpeg

昭和46年創業、長い間お疲れさまでした。そして美味しい洋食をありがとうございました!


by gindama_pistol | 2018-01-09 13:37 | 外食道楽 | Trackback | Comments(2)
74歳のペリカンはパンを売る。

偶然通りがかりに見つけたこのポスター。
b0156734_11555436.jpeg
なんとボクが愛してやまないパン屋、ペリカンさんのドキュメンタリー映画です。

「74歳のペリカンはパンを売る」というタイトルもいいなぁ、、、調べて見ると既に公開されていみたい。このポスター見なきゃ見逃すところやった。

8年前に書いた浅草の喫茶店「アロマ」もペリカンの食パンを使っていて、オニオントーストは唯一無二の味である。あとシチューのフジキッチンもペリカンのロールパンであった。

映画の公式サイトを見ると、、、

b0156734_12103665.jpeg
アロマのマスターが出ていて嬉しくなった。

近々観に行こうと思います♪



by gindama_pistol | 2017-10-22 11:44 | 拙言 | Trackback | Comments(0)

もうかれこれ10年程前の事です。浅草に鴨の名店があると、、、その名も御狩場焼 鷹匠 壽という。

それからずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっ〜〜〜と世界で1番行きたい店だったのです。

こちらの暖簾を潜るには常連さんの紹介だけでは無く、その常連さんと一緒じゃないと入れないという日本で1番ハードルの高い店とも言われてます。しかもその予約さえ数か月先まで一杯と、、、

僕にとっては夢のまた夢、、、憧れのお店でありました。

そんな訳で今日で51歳になったんですけどね、、、(照)

果報は寝て待てというけれど、まさしく突然飛び込んできたのです。時間はお昼の3時位でしょうか、、、お肉大好きな友達からのLINE。

今日何か予定ありますか?

返事を書いていると畳みかけるようにまたLINE2通、、、


今夜、鷹匠壽行きませんか?



誕生日だからおごりますよ!!!

正直、こいつ頭おかしくなったんちゅうかって思ってしまった事を今は反省しています。


そんな訳で夢にまで見た鷹匠壽へ。

b0156734_15235945.jpg

何故突然だったかと云うと、この日は総勢6人だったのですが、主催された方がこの日の予約をすっかり忘れていて、当日になって思い出したそうです(笑)それで慌ててBくんとかに声を掛けたとのこと。

ほんま、わいはラッキーや。

二階にあがり。

b0156734_18070259.jpg
旧いんだけど美しい。大林に通じるものがある。

そして彼がボクにとっての幸福の男神、Bくん。
b0156734_15241370.jpg


そんな訳で壽劇場の開幕である。

b0156734_15314754.jpg

今年の初海苔だそう。
b0156734_15320736.jpg
こんな海苔がね、想像を超える旨さ、、、最初から海苔で唸るとは思わへんだよ。

b0156734_15340596.jpg
この空豆もただマメじゃないよ。空豆の旨さを伝えるにはボクのボキャブラリーでは無理っすパイセン!

そして鶏のささみ。
b0156734_15375415.jpg
何処にでもあるような笹身のぽん酢和え、、、違うんですわ、、、上手く言えひんけど。

b0156734_15393233.jpg
この辺までは主催者さんが持ち込んだ普段飲みではない白。

軍鶏の砂ずり。
b0156734_15413488.jpg

軍鶏の肝。
b0156734_15412322.jpg

経年を経た砂壁がまた侘び寂びがあっていいもんだ。

b0156734_18052666.jpg


そろそろ、、、
b0156734_15425979.jpg



キターーーー!

b0156734_15433906.jpg

たかぶと呼ばれる小鴨です。

これが本当に絶品なのです、、無口になって骨までしがむのです。そして小鴨のエキスを纏った菜の花にも唸るのです。

しばし休憩。
b0156734_15484121.jpg
トイレの生け花ですみません。


そしていよいよ、、、




じゃじゃじゃん!!!

b0156734_15494160.jpg

もひとつおまけに、、、


どーーーん!!!

b0156734_15513442.jpg

これが「青首鴨のお狩場焼」の鴨肉であります。普段目にする鴨肉とは全然違う色と艶、、、しかも独自の捌き方でお皿には一滴の血もドリップもつきません。

ここからは男前の若旦那が登場してひとりひとりに提供してくれます。

すごく小さな火鉢の上に手のひらよりずっと小さな硯のような、、分厚い鉄板を置くんです。何でもこの硯鉄板、江戸時代からずっと使い続けているのだと。戦争の鉄不足の際、軍から取り上げられそうになるも、皇室のご贔屓という事で逃れたそうです。

1枚ずつ丁寧に焼かれた肉を大根おろしの上にのせてくれます。
b0156734_16035889.jpg

もぐもぐ、、、ん? これホントに鴨肉???

正直、ここまで鴨の概念が変わるとは思わなかった。

数えてないからはっきりしませんが、一人につき7〜8枚焼いてくれるんですが、少しずつ部位が違うらしく焼き方も全て変わるのです。中には肉を縦にひねりながら燻すように焼いたり、、、

見た目が変わらないのに全て旨さが違う、、何でだよ!って嬉しい感想。

いや、参った、、参っちゃったよおっちゃんは!


香の物も素晴らしい。
b0156734_16125141.jpg


そして名残惜しい中、〆の鴨雑炊へと流れる。

b0156734_16155405.jpg

b0156734_16160519.jpg

オーマイガ〜! ガッブレスユー!!!!

すみません、ネイティブなイングリッシュで濁しました。


そして最後に大きな苺が2つ出たんですが、気が抜けてしまい写真は失念、、、

それにしても期待をし過ぎて驚くまでもないかと心配してましたがびっくらこきました。

Bくん、ホントにありがとう!いつか奢れるように精進するよ!

ご馳走さまでした!死ぬ前に行けて本当に良かった(涙)




最後になりましたが、、、



おれ!誕生日おめでとう!!!



by gindama_pistol | 2017-03-16 15:00 | 外食道楽 | Trackback | Comments(10)
鮨屋の良心

前から気になっていた東浅草のお鮨屋さん。

b0156734_16013904.jpeg

金太楼鮨立食い専門コーナーというらしい。金太楼鮨は下町を中心に展開されていて都内には9店舗あります。その本店がこの立食いコーナーの向かって右隣にあります。

浅草からバスで南千住方面(目的は大林酒場)に行く際、バスの窓から金太楼鮨の店内が良く見えるんです。すると立食いと言いながら皆んな座ってます。狭い店内なのですがいつも混雑していてとても楽しげな様子です。

行ってみたいなぁ、、、といつも思っててね、、、先日ようやっと伺うことが出来ました。

店内に入るとL字カウンターになっています。席を詰めて貰いなんとか2人が座れました。お客さんは皆んなばらばらで来られてるようですが、近所の常連さんが殆どで仲良く会話が弾んでいます。そして何が素晴らしいって大将の笑顔!ほんとずっと笑顔なんです。

まずはビールで乾杯、さて注文は何にしようかな、、もちろんお好みでつまみに刺身や握ってもらう事も出来ますが、まずは8貫550円という定番らしきものを頂きました。

b0156734_16212866.jpeg

オーソドックスな江戸前鮨です。シャリは多めで幾分しっかりと握られていますが、いかにも大衆鮨という感じで良いです。ネタは全店舗一括で仕入れているそうです。これ少し前まで500円だったそう、、天晴れ庶民の味方、これぞ鮨屋の良心です。

あと緑茶ハイを頼んだのですが、サッポロ焼酎を使っているのも私的得点が上がりました。

2人で8貫二つ、ひもきゅう巻き、中瓶一本、緑茶ハイ2杯、これで2500円でお釣りがきます。

大将の笑顔を見に行くだけでも価値がありますよ(笑)

b0156734_16403336.jpeg

by gindama_pistol | 2016-06-28 16:00 | 酒場でダバダ | Trackback | Comments(2)
残影としての酒場

今日ある酒場、明日あると思うな。

極端ですがここ10年間の相次ぐ酒場の閉店に関してちょいと前にまとめたりしていましたが、今日はその中でも写真が残っているものを紹介したいと思います。

君島酒場@三ノ輪
b0156734_10365624.jpeg

b0156734_10373180.jpeg
のっけからあれなんですが、10年ほど前に見つけた時は既に廃業されておりました。それにしても独特ハイボール(正二合•お通し付き)170円、、飲んでみたかった。


ばん@中目黒
b0156734_10424194.jpeg
ばんには色んな想いでがあるのです。そして入って右側のカウンターに座れた時の喜び(笑)


㐂よし@虎ノ門
b0156734_10441676.jpeg
ここのシンプルな焼鮭が大好きだった。



信八屋@町屋
b0156734_16513351.jpeg
今も幻のラメックを食べられた感動を忘れられない。お店のおばちゃんも気さくで良かった。あと常連の兄さんとか気を遣って頂き下町の良さを感じられるもんじゃ酒場でありました。



オーシャンバーバラ荘@横浜 野毛
b0156734_10494289.jpeg

b0156734_10495409.jpeg
通いはじめて一年程で高齢のママさんが引退されました。当時残念な気持ちで一杯でした。


大黒屋@押上
b0156734_10531547.jpeg
酒場巡りをはじめた頃に訪れ、最初暖簾を潜った時の緊張感を忘れません。


遠太@三ノ輪
b0156734_10552109.jpeg
こちらはタモリ倶楽部のロケで使われ下町ハイボールをネタに語られました。遠太のカウンターに座り、頼んだ玉子焼きをひたすら待ちながら呑むハイボール、格別でした。

実はお店をやめられた今も看板だけ外されてますが、外観も店内もそのまま残っております。
b0156734_12091726.jpeg

b0156734_12093066.jpeg




大久保酒場@赤羽
b0156734_10584189.jpeg
看板に描かれた花札で気分があがります。長めのコの字カウンターをきびきび往来する店主の姿が今でも浮かびます。


神谷酒場@田端
b0156734_11010529.jpeg
こちらは閉店の知らせを聞いてから駆けつけ、その日が最初で最後になってしまった。浅草の神谷バーから暖簾分けを受けた酒場でありました。創業75年、平成20年の8月に店じまいをされました。


おせん@上野桜木
b0156734_11055531.jpeg

おせんさんも一度行ったきり、2度目に伺ったらもう営業されていませんでした。店内にドンと置かれた昔のかき氷器が印象的でした。

いせ㐂@森下
b0156734_11101062.jpeg
いわゆるどぜう屋であります。下町には何軒か有名などぜう屋がありましたが、ここが一番のお気に入りでした。


白蓮@大阪
b0156734_11122389.jpeg
白蓮の女将さんはいつも凛としていました。酔った客を叱る光景を今も想い出します。


b0156734_11144327.jpeg
焼津くんだりわざわざ行ったもんだ。私的三本の指に入る酒場でした。最後に食べたはらわた入りの太刀魚の旨さ、忘れられません。


つま亀@浅草
b0156734_11165898.jpeg
あの浅草のピサの斜塔呼ばれた建物が取り壊された今も、実はビューホテルの裏手でつま亀さんはひっそり営業されています。


大衆食堂みなみ@小倉
b0156734_11211927.jpeg
小倉に行った際、その外観に惹かれて入った食堂です。店内の雰囲気も昭和そのもの、そして清潔感があり気持ちの良い食堂でした。数年後に訪れると既に無くなっていました、、、


かいば屋@浅草
b0156734_11255098.jpeg
こちらも背筋を伸ばしてくれる酒場でありました。ここがある頃は半径50メートル位に正直ビアホール、甘粕、トリスバー今従、これらをハシゴするのが楽しみでしたが、今では正直さんしか残っていません。


酒のもりた@大阪 萩之茶屋
b0156734_11285189.jpeg
真面目な酒場でありました。ここで飲んでいると大阪で飲んでいる事をひしひしと実感するのでありました。


ひかり@学芸大学
b0156734_11305166.jpeg
当時、近所にあったので足繁く通っておりました。女将さんの作る手料理は本当に丁寧で美味しかった。


b0156734_11332036.jpeg
実はこの外観写真を撮った時は既におかあさん(店主)がお亡くなりになっていて、三社祭の時だけ、常連さん達が集まりおかあさんを偲んでハイボールを飲んでいました。

b0156734_11381365.jpeg

こちらが甘粕のカウンターです。
b0156734_11390165.jpeg
数年間という短い間でしたが、甘粕さんには想い出たっぷり。本当に何ものにも代え難い唯一無二の酒場でありました。

これら今はなき酒場や食堂に改めてお礼を云いたい気持ちです。

本当にありがとうございました!


by gindama_pistol | 2016-06-03 10:32 | 酒場でダバダ | Trackback | Comments(4)
最後のカブト

5月いっぱいで閉店される平間のケイユーさん。

もうあのカブトが食べられないかと思うと、最後にもう一度味わい尽くしたいとね、、先週ガス橋にテナガ釣りに行った際、買って帰りました。

b0156734_17345585.jpeg
何度もいいますがこれで450円、、、

b0156734_17355174.jpeg
やっぱり旨いよ。隠し味というか独特の風味が癖になります。しかもひな鳥だから細かな骨なんかもぽりぽり食べれちゃいます。

そんなわけで、最後のカブトとか言いながら5月いっぱいという事はまだ食べられるチャンスありますやん!って事で、、この前の土曜の事です、、テナガ釣りで南武線に乗るので途中下車して買おうと決めてたんです。当日、ケイユーさんに念のため電話をすると、今日はもうカブトは焼かないと申し訳なさそうに言われました、、閉店も近いので最低限の仕入れにしているみたいです。

残念だけど仕方がない。改めて平間のケイユーさん、ありがとう。そして長きにわたりお疲れ様でした!


話は変わりますが、浅草は千束通りにある竹松鶏肉店さん、ここは以前ハツを23円分購入した店であります(汗)

そんな竹松鶏肉店さんの名物。
b0156734_17531728.jpeg
なか焼きと呼ばれる手羽中を甘辛い味付けで焼いたものです。昨日買ってきて食べていて気付いたんですが、ケイユーさんのカブトと同じ風味というか独特の鼻に抜ける香りがある。その香りの正体はわかりませんが、あとを引く旨さなのです。



by gindama_pistol | 2016-05-30 17:30 | 家食道楽 | Trackback | Comments(0)


最新のコメント
*sakanatsuko..
by gindama_pistol at 16:41
時間って、あっという間に..
by sakanatsuko at 07:41
*sakanatsuko..
by gindama_pistol at 17:32
*なおPさん ご無沙汰..
by gindama_pistol at 15:23
なるほど、それは自分も ..
by sakanatsuko at 22:15
夜っすよ! 夜♪
by なおP at 20:46
*sakanatsuko..
by gindama_pistol at 17:08
何を食べたいんですか?
by sakanatsuko at 02:08
*sakanatsuko..
by gindama_pistol at 11:03
なんという贅沢なひと時ふ..
by sakanatsuko at 00:09
*影法師さん 遂に手を..
by gindama_pistol at 17:53
*jq1ocrさん さ..
by gindama_pistol at 17:50
*sakanatsuko..
by gindama_pistol at 17:48
++LINKS++
検索
ブログパーツ
ライフログ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧