あんなことやこんなこと。ゆるゆるポンコツ雑記帳です。ごく希にですが真面目な事を書いてみたりみなかったり、、どっちやねん。

by 銀玉
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
タグ
以前の記事
タグ:青春18きっぷ ( 24 ) タグの人気記事
黒磯の美味しいお蕎麦屋さん

本来ならば、新幹線が停まる筈だったかも知れないJR黒磯駅、、現在では昭和天皇が好きだった駅弁屋も撤退してしまったそうです。

駅前には歴史ある立派な建て構えの和菓子店「明治屋」があるが、そこから続く商店街は閑散としている、、
b0156734_17543170.jpg
やっぱあれだな、まんじゅうはまんぢゅうと書いた方が旨そうに感じるな。



元々は那須高原の玄関口であった黒磯駅。新幹線が通るまでは、さぞ賑やかだった事でしょう。当時新幹線が停まると見込んで開業したのかどうか分かりませんが、駅の反対側にはその名も“新幹線”という名の居酒屋があるそうです。黒磯駅周辺の住民にとって那須塩原に決定してしまった時の心情を察すると無念の悔しさだったと思います。

そんな黒磯駅ではあるが、美味しいお蕎麦を食べさせてくれる老舗があると聞き、仙台からの帰りに途中下車してみました。

生そば冨陽食堂さんです。

b0156734_15204093.jpg


店内は天井が高くて広々としています。
b0156734_15211815.jpg


この暖簾は昭和20年代に実際に使われていた物だそう。
b0156734_15222392.jpg


壁にお品書きが貼ってあったので、ふと見てみると、、、
b0156734_15444022.jpg

えええ!???なんだなんだこの安さは!っと一瞬驚いてしまったんですが、昭和45年の品書きがディスプレイされてただけでした(笑)

そんな訳でこちらのお薦めとの事で、まずはそばがきコロッケを注文。
b0156734_15244299.jpg

サクサクの衣に包まれたそばがき、、挽肉も入っているみたいです。元々そばがきが大好きなのでコロッケにした味も想像はついたのですが、歯触り良く蕎麦の味が濃厚で想像以上に美味しい一品でありました。
b0156734_1525020.jpg


お蕎麦の方は悩んだのですが“早摘そば”と云うのがあったのでそれを注文。
b0156734_1525493.jpg


とても瑞々しくて、喉越しが爽やか!それでいて蕎麦の香りもしっかり感じます。個人的に好きなタイプの蕎麦でした。そして最後の愉しみである蕎麦湯がホント濃厚で旨い、、美味しい蕎麦屋でも最後の蕎麦湯がいまいちなとこありますよね、、あれにはがっかりなのです。

わざわざ途中下車をして食べに来た訳ですが、とても満足出来ました。黒磯にはこちらの店の他にも美味しい蕎麦屋さんや食べ物屋さんがまだ何軒かあるそうです、、もし通り過ぎる事がありましたら、ちょっと途中下車して探索してみるのも良いかと思います。

ステキな酒屋の看板が残っていたり、、

b0156734_15271092.jpg



こんな元銀行の建物(有形文化財)がまんまカフェになって再利用されていたり。

b0156734_1527315.jpg




以上、蕎麦屋の紹介と云うか黒磯の広報みたいになってますね、、そしてここ最近真面目な事ばかり書いている気がします、、その内爆発しちゃいそう、、照
by gindama_pistol | 2010-09-08 08:53 | 食い道楽(外) | Trackback | Comments(6)
フーテン
b0156734_15195041.jpg

b0156734_15195081.jpg

b0156734_15195033.jpg


なんだかすごく良いぞ、、シュポポポシュポポポ、、、


酔っぱらったぞ、、にごり酒、、シュポポポシュポポポ、、、


シュポポポポシュポポポ、シュポポポポシュポポポ、シュポポポポシュポポポ、、シュポポポ、、、シュ、、ポポ、、ポ、、


ういうい。
by gindama_pistol | 2010-09-05 15:19 | けーたい拙言 | Trackback | Comments(2)
健全な夜を過ごしました。
b0156734_1143148.jpg

b0156734_1143194.jpg


仙台駅すし屋横丁の立ち食い寿司はやはり旨かったのだ。

腹パンパン!


ありがとう宮城県!ありがとう仙台四郎!


そろそろ街のラビット君がやってきます。


サバラ!
by gindama_pistol | 2010-09-05 11:43 | けーたい拙言 | Trackback | Comments(4)
干からびた輪ゴムは失礼です

静岡に行くと必ず立ち寄るお店で焼きそば食べました。
b0156734_1141931.jpg

こんな焼きそば、、静岡だからと云って富士宮焼きそばではありまへん。具の盛り付けも変わってますけど、食べるともっと変わってますねん。焼きそばを一本だけ箸でつまむと、どう見ても干からびた輪ゴムでんねん。そして全体的にもの凄い硬いんですけど、柔らかいところもあるんです。よくバーベキューの最後に焼きそばを炒めますやん、、で食べ切れずに鉄板の隅に残された焼きそば、、あれを放ったらかしておいた様な感じと云えば想像がつくと思います。因みに同行者は最後まで美味しいとは言いませんでした。でもね、、ボクにとって美味しいんです、、ホントはスーパー(大盛り)にしたい位なんです。因みに超大盛りはデパートでと云えば良いのです。

この焼きそばの他に中華そば(あったか)と冷やし中華(つめたか)があるのですが、いつも迷った挙句に焼きそばを食べてしまいます、、、なんなんだろうこの癖になる味は、、

以前に“あったか”を食べた時の写真が出来きました。
b0156734_1240111.jpg
これを見るとあったかを食べたくなる。あっさりとしたスープに細麺のシンプルな中華そばなんだけど、これはこれでまた旨い、、ホッとする味です。


そして秀逸なのはこの氷れもん♪
b0156734_1141340.jpg
れもん果汁を使った自家製シロップだと思うんですが、さっぱりとした甘さが爽快です。れもんの輪切りが乗っているのも涼しげで見た目もよし。


そんな訳で静岡に行くと毎回お邪魔させて貰ってるこのお店、一富士さんといいます。前回訪れた時は珍しく他にお客さんがいなかったので、ここぞとばかりにおばちゃんに色々と聞きました。

お店は姉妹二人できりもりしているのですが、創業はと聞くと、昭和元年との事でこの姉妹のお母さんが最初にこの地でミルクホールを開店させたのがルーツだそうです。戦後になって今ではこの店の看板メニューになった焼そばや中華そばがメニューに登場し、お店の裏に静岡高があった事もあり、部活帰りの高校生の溜まり場となり栄えたのだそうだ。今でもその頃からの常連さんを始め、近所の中学生から上は90歳を超えたおじいちゃんまでもが足繁く通われている。中には新幹線を途中下車してまでも来店する方も少なくないそうで、、そう言った方々に支えられてほぼ年中無休でがんばっておられるそうです。

そして、この一富士をずっと守り続けて来た先代(姉妹のお母様)は数年前に他界されたと、、享年101歳。ご冥福を祈ります。人に歴史あり、店にもまた歴史ありですな。


もう一つこの店で忘れてはならないのが、暖簾にも大きく書かれているアイスクリームです。
b0156734_1240184.jpg
可愛い壺型の最中に入っていて、さっぱりしている中にもコクがあり最中との相性も抜群です。おばちゃん曰わく、美味しさの秘訣は水にあるそうです。氷の卸をやっているので水道水(静岡の水道水は旨い)がいつも動いて(流れて)いるので水が美味しいく、アイスクリームも美味しくなるんだとか。 帰りに一つ買ってアイスクリーム食べながら食後の散歩がお薦めです♪


実はですね、、今回久しぶりに一富士さんを訪れて一つだけ残念に思った事があるんです、、いつの間にか改装されていたんですよ、、リフォーム程度なんで以前の雰囲気は残っているんですが、、

因みにこれが改装前の店内です。
b0156734_12402626.jpg
残念ながら今回写真を撮っていないので見比べることが出来ませんが、壁やらテーブル、椅子等が新しくなっていました。

因みに外観もまた新しくなってます。(これでも...笑)
b0156734_12422663.jpg



ある意味へんてこで癖のある店なんですけど、勝手が分かれば居心地が良いのです、、あと焼きそばは最低三回食べてみないとクセにはならないと思います、、はい。




+++追記です+++

びっくりした、、てっきりリフォームしただけなのかと思っていたら、、なんと一度更地にして一から建て替えられたみたいです、、、

http://blog.goo.ne.jp/shizukou111/e/0c8741afb16c90a3d1256172239732e3

こんな以前のまま忠実に建て替えられたなんて、、中々できる事ではありません。そう思うと素晴らしい事です!

これが建て替え前の一富士さんです。
b0156734_14442974.jpg
見比べると違いこそあるものの、、以前とそう変わりはしてません。
by gindama_pistol | 2010-09-01 08:04 | 食い道楽(外) | Trackback | Comments(4)
寿屋酒店

二年前にその存在を知り、ようやっとこの暖簾を潜る事が出来た。
b0156734_1111465.jpg


暖簾に大きく酒の字、そして“寿酒店”の屋号が染め抜かれております。戦火を逃れ焼津の地に70年の歴史を誇る酒場、寿屋酒店であります。二代目の御主人曰く、戦前は酒店を営んでいたそうです。

五時の口開けと同時に訪れ、氷冷式冷蔵庫で冷やされたビールをグビり、、ゆっくりと汗がひいていく至福の時。
b0156734_1110508.jpg


塗りが剥がれ落ちながらも磨き込まれたテーブル、そして土間の隅まで掃除の行き届いている空間。
b0156734_11104252.jpg

ここは何処、、そんな気持ちになってしまうのです。

決して作り物では真似が出来ないのである。
なので本物を求め、酒を飲む為だけに遥々焼津を訪れたのだ。

裏口から西日が差し込み、そして土間を風が通り抜ける。冷房なんか無くとも心地よい。
b0156734_1110257.jpg

b0156734_11103198.jpg

この感じ、漂う空気、、どこか大林酒場、そして鎌倉のでんがく屋に通ずるものがある。凛と張った空気、でも不思議と居心地が良い、いや、、とても癒される、、これぞ育ちの良い酒場なのである。

どうやらここは想像を超えた素敵な酒場である、、、これはもう身を委ね、酒と肴を味わい、歴史と空間の中で酔わせて貰うしかない。


焼津と云えば鰹である。
b0156734_1195657.jpg
ヘソの味噌和えは濃厚な味わいと歯応えが堪らない。

そして寿屋でおでんと云うと、、
b0156734_1193426.jpg
この一種類、、静岡風に青海苔がたっぷり乗った豚のカシラです。これは後をひきます、甘みを抑えた醤油出汁で煮込まれたカシラは焼いたものより幾分柔らかく、適度な歯応えを残しています。この日はまだまだ梯子をするつもりだったので控えましたが、美味しくて何本でもいきたくなる味でした。


日本酒を常温で、、旨い肴に旨い酒、、日本人に生まれて良かった、、
b0156734_119502.jpg



そして鰹のお刺身です。
b0156734_11101880.jpg
びっしり敷かれた玉ねぎの上に、鰹の背身、腹身、そして皮付きと丁寧な仕事です。勿論新鮮なのは云うまでもありません。写真にはありませんが、生しらすの新鮮さには、これが本当の生しらすかと唸るばかりでした。最近では技術の進歩も手伝ってか、冷凍物の生しらすを出す店も多いそうですが、やはり本物の生しらすは別物です。

酒に肴に空間に、すっかり気分良く酔っぱらっていると、隣にいらっしゃった方が話しかけてくださいました。なんとそのお方、寿屋さんには50年以上も通ってらっしゃると、、、寿屋の歴史そのものと云っても過言では無い大常連さんでありました。畳職人を生業としているとの事で、魚河岸シャツから伸びる上腕の粒々とした筋肉は、古稀を過ぎているものとはとてもとても思えません。

そして寿屋酒店さんが開業当時の事や、その頃の貴重な話を幾つかして頂きました。こうした酒場での出会い、常連さんに混じりながら過ごすひと時は、お酒も肴も益々美味しくしてくれます。港町の粋で鯔背(いなせ)な職人おじいちゃん、、小一時間程でしょうか、仲間と酒を交わし、笑顔を残して夜の帳に消えていったのでありました。

b0156734_1110593.jpg
場所が場所だけにそうしょっちゅう訪れる事が出来ませんが、無理をしてでも年に一二度と暖簾を潜る事になるでしょう。是非ともこの次は冬場に伺いたい、去年は一度も品書きに載らなかったと云う、幻の山芋を食べてみたいのです、、そして火鉢を傍に熱燗です、、想像するだけで堪らないのであります。


時折、風が潮の香りを運んできて鼻を擽ります、、晩夏の、時は蒼から闇へと、、感無量、、拙言御粗末。
by gindama_pistol | 2010-08-30 20:08 | 酒場でダバダ | Trackback | Comments(10)
あっちこっちいったもんだ

ぼくのなつやすみ

あっちこっち行ったのであっちこっちの写真をアップしますのだ、、あっちこっち丁稚、赤フン男はどこ行った。すみません、、関西限定ネタでした。


b0156734_12455467.jpg
大潮の干潮、、、レアと云えばレアか、、

写真もっともっとありまっせ♪
by gindama_pistol | 2010-08-27 08:50 | しゃしんでんねん | Trackback | Comments(13)
こむぎこ天国

2010年8月8日夜

讃岐饂飩の聖地、丸亀駅に到着。

ホテルに着き暫くすると、うどんの女神が現れた。そしてうどんの女神に案内されるがまま“おか泉”に向かった。通販ではいつもお世話になっているので、実店舗で食べるのが非常に楽しみである。

駅前ホテルからは車で五分とかからず到着、、閉店間際だと云うのに店の外には長い列が出来ている、、それでもお客の回転は早く20分も待たず店内に案内された。


やはり看板メニューである“冷や天おろし”を食べてみないとである。
b0156734_1823122.jpg
立派な海老がピンと二本乗っているのが海老好きには溜まらんぜよ、、あ、、ここ土佐じゃなかった、、間違えてしまったよ。取り敢えずうどんをつるつるっといきましたよ、、つるつるって、、、こりゃたまらん、、うみゃーでかんわ!あっ、、ここ名古屋じゃなかった、、また間違えた、、すみません。一口うどんをすすって気付いたんですが、家で茹でるんと明らかに違うんです、、何が違うかと云うともっちり感です。その訳を女神に尋ねてみたら、どうやらうどんが茹で上がった後の締め方にあるそうです、、そう、、僕は家で茹でるときはコシを出すために必要以上に冷水でじっくり締め過ぎていたようです、、本場讃岐ではそれ程冷たい水で締める事はしないと答えが返ってききました。それでも充分コシがあり、更にもっちりとしたうどんの肌が堪らなく“旨い”と唸らせてしまうのです。

いつもうまいうどんを食べると、何で小麦粉を塩と水で捏ねるだけでこんなにも旨いものになるんだろうと思ってしまうのですが、この時ばかりはいつも以上にそう思ってしまうのでありました。


***************

8月9日(快晴)

朝、うどんの女神がホテルまで迎えに来てくれて出発である、、こむぎこツアーの始まり始まり♪


まず最初に向かったのはこちら。
b0156734_15502036.jpg
既に長蛇の列、、容赦無く讃岐の太陽がジリジリと照りつけます、、

なので、こちら“山越うどん”さんでは麦わら帽子が用意されています。
b0156734_15502745.jpg
ちょっと恥ずかしくて被れません、、


ここの看板は“かまたま”であります、、品書を見るとかまたま(小)200円也、、安っ、、
b0156734_15503526.jpg


何故かいわし天を無意識で乗せてました、、
b0156734_1550504.jpg
うん、かまたま(釜あげ卵うどん)って普段はあまり食べませんが、これはこれで美味しいです。朝ごはんって感じでつるっとあっと言う間に食べ終えました。


移動は女神のオープンカーであります♪
b0156734_15505721.jpg
暑いけど渋滞もないし田舎の空気は気持ちが良い!


そして到着したのが、“がもう”さん。
b0156734_1551322.jpg
写真には映ってないんですが、とんでもない行列、、いくら回転が早いと言っても一時間は並びそう、、そうなると予定している次の店が閉まってしまう可能性大だと女神が嘆く、、ここはきっぱり諦めソフトクリームだけテイクアウトし、後にした。


そして次なる店がかなり遠いのです、、徳島県との県境に近い山の中にあるんだそう、、野を超え山を超え、、やっとのことで到着した場所は、、ほんと山の中でした、、
b0156734_18232384.jpg
こんな山の中なのに何処からやって来るんでしょう、、この行列、、まぁ僕らも丸亀から遥々やってきたんですよね、、、

谷川米穀店さんです。
b0156734_15511756.jpg
なんとうどん(小)120円也!

おばちゃん達がちゃきちゃき働いてます。
b0156734_15512329.jpg



お店の隅ではおっちゃんがうどん打ってます。
b0156734_15513058.jpg



ものすごいシンプルなんです、、
b0156734_15513716.jpg
テーブルに置かれた醤油とお酢でお好みで味付けするだけ、、あと自家製の青唐辛子のタレがあるんですが、辛いの苦手なので遠慮させて貰いました、、はい。それにしてもここのうどん旨い、、こんな山奥までわざわざ集まってくるのが納得出来る。ごっつぉーさんでした。


次のうどん屋さんでラストである、、もうどこに向って走っているのかちんぷんかんぷん。女神の指図に従うだけである。


なんやら民家に入って行くとまたまた行列、、
b0156734_155332100.jpg
香川では行列があるとそこは十中八九うどん屋なのであろう、、いや100%かも知れん。

この扇風機の前まで早く行きたいとどれ程思ったか、、、
b0156734_15514480.jpg


葱をお客さん自らが刻む事で有名な“なかむら”さんである。
b0156734_15515120.jpg
刻む気満々で挑んだんですが、葱は既にきざまれていました、、残念。

その代わり生姜は自分でおろすのです、、
b0156734_15515724.jpg


冷たいかけダシうどん(小)150円也
b0156734_15535781.jpg
こちらのうどんも充分に美味しいんですが、山越さん、谷川米穀さんに比べると何かもう一つインパクトに掛けてしまう感じでありました。

そんな訳でうどん猛者は一日で五軒六軒と回るのが当たり前なんだそうですが、取り敢えず三軒廻って十分満足したのであります。讃岐最高!こむぎこ天国!そしてうどんの女神ありがとう!


あと関係無いんですが、、讃岐七富士って有名やないですか、でも次から次へと現れる山、、全部同じ形なんですよ、、
b0156734_167344.jpg

最後までどれが讃岐七富士に含まれてるのか分からず仕舞いでした、、
by gindama_pistol | 2010-08-24 19:06 | 食い道楽(外) | Trackback | Comments(6)
うさぎの島

2010年夏8月8日

うさぎの島にやってきた。

このトンネルを抜けるとそこはうさぎ天国な筈、、、
b0156734_2223997.jpg


レッツうさぎ探しのサイクリング!
b0156734_2223218.jpg


綺麗や、、綺麗な海やがな、、ビューティフル!
b0156734_22233157.jpg


あっ、、みっけ!
b0156734_22234025.jpg



b0156734_22234748.jpg
すみません、、画像間違えました、、、


これがうさぎ、、かわいい、、
b0156734_22235024.jpg


ず〜〜ん、、
b0156734_22235461.jpg



うわぁ〜〜〜♪
b0156734_22235820.jpg
b0156734_2224495.jpg
ちなみにあげているのはウサギが食べてもいいビスケットみたいなやつです。

やばい位かわいい、、
b0156734_22241017.jpg


なんちゅう口してまんねん!
b0156734_22241442.jpg



あっ隠れた!
b0156734_22241860.jpg



うさぎさん、、あぁ、あなたはどうしてうさぎなの、、、
b0156734_22242117.jpg



レッツセルフタイマー♪
b0156734_22242624.jpg
b0156734_2224307.jpg


もうやばい位に癒されてしもうたがな、、、島中うさぎだらけという噂はホンマのホンマやで。

b0156734_22253160.jpg

また絶対会いに来たるさかいにな♪うさちゃん達!!!
by gindama_pistol | 2010-08-23 22:39 | おでかけでんねん | Trackback | Comments(12)
ぼくのなつやすみ2010

8月7日から15日までの9日間、、長い長い夏休みでありました。その間撮った写真は600枚を超えておりました、、そんなこんなでどーもこーも纏まりまひんがな。

取り敢えず、記録として何処に行って何をしたか箇条書きにしてみようかな。

【7日】
羽田から広島まで飛行機でひとっ飛び。宮島観光して鹿と戯れる。牡蠣丼を食べる。原爆ドーム&原爆資料館。広島でびっくりする位美味しい鯵を食べながらウーハイ。尾道で花火のクライマックスだけ見る。ホテルが取れてない事件発生、、怪しげな旅館に泊まる。旅館の近くの居酒屋でトウモロコシの素揚げを食う、、これが美味かった。

【8日】
大久野島(別名うさぎ島)でレンタサイクルを借りてうさぎと戯れる。セルフタイマーを駆使し、うさぎとの2ショット写真を何かにとり憑かれたように撮す。尾道観光。さびしんぼうのロケ地である西願寺にて感涙。オバQに再会。丸亀まで移動し、おか泉さんで冷や天おろし(うどん)を食べる。ものすごい妖しい酒場にてチャタレイ夫人の恋人と言う謎のメニューにトライ。この日、多分生きてきて一番汗をかいた(涙も含め)※青春18きっぷ使用。

【9日】
友達である現地のうどん屋さんの娘さんに朝からうどん屋巡りに連れて行ってもらう(車の運転はボク)、、酷暑の中、オープンカー。山越うどん、谷川米穀、なかむらと三軒制覇、、がもううどんは列が長すぎて諦めソフトクリームで我慢する。岡山まで移動、老舗大衆大箱酒場にて泥酔、、、食って食って飲んだった。

【10日】
直島に行く、目的は瀬戸内国際芸術祭である。沢山の芸術を堪能して象のいる銭湯で汗を流す、、、本当はもう一島行きたかったんだけど時間が無くなる(涙)大阪に向かう。夜10時近くにやっとこ大阪着、、たこ坊で飲んで正宗屋で飲んで神座ラーメンでバタンキュー。※青春18きっぷ使用

【11日】
朝から奈良に向かう。ステーキを食うが不味かった。街をぶらぶらして春日大社、東大寺を巡り、鹿と戯れる。そして平城宮跡へ。平城宮で食べたソーメンがこの世のものとは思えないほど旨かった(たんにお腹すいていた)津に向かう。

【12日】
朝は「はし家」で鰻。夜は家族+Kちゃんで宮川に鮎を食べにいく。夜中に近所のラーメン屋。

【13日】
朝早く起きて雲出川でテナガエビ釣り。夜は同窓会的飲み会。僕は行きたくないのに同級生がどうしてもと言うのでピリピンパブみたいなとこ行く。

【14日】
昨日に引き続きテナガエビ釣りに行くが、あまりの暑さに熱中症になりかける、、その後雷が鳴り始め泣く泣く釣りは諦める。ヴィンテージかき氷機を手に入れたので試しかき氷をかく。家族で松阪に行き「一升びん」で焼肉。

【15日】
朝10時半に東京に向け出発。途中、豊橋で途中下車、きく宗にて田楽定食を堪能。京極夏彦の「死ねばいいのに」を読む、これむちゃくちゃおもろい。夜8時過ぎに恵比寿到着、、、そのままカドヤにて呑む。※青春18きっぷ使用


ざっくりとですが、こんな感じでありました、、、うどんの事や直島の事やかき氷機の事やその他もろもろは追い追い書こうかな、、、


取りあえずはそんな元気が無いので、昨日に引き続きセミーで茶を濁させてもらいます。

b0156734_22295537.jpg

カドヤにて受け取ったブツであります。


中身は、、、




中身はそりゃまーセミでんがな。
b0156734_2231208.jpg

友達のお母さんがくれました、、、、


b0156734_22341341.jpg

ね、、すごいですよね、、、、
by gindama_pistol | 2010-08-16 22:35 | おでかけでんねん | Trackback | Comments(14)
サバラなのだ
b0156734_1022336.jpg


寄り道しなかったら7時にはTOKIOに着くみたい、、ですが、寄り道が大好きなので今日中に帰れるか不安です。

b0156734_10223467.jpg
線路にバスが入って来たと驚いていたら電車でした、、、
by gindama_pistol | 2010-08-15 10:22 | けーたい拙言 | Trackback | Comments(4)


最新のコメント
*れーこさん 基本シャ..
by gindama_pistol at 11:55
*きのこ三十郎さん き..
by gindama_pistol at 11:54
シャープな顔立ちが好きな..
by れーこ at 01:13
藤圭子さんと黒木メイサさ..
by きのこ三十郎 at 17:33
*ピケさん CTNG(..
by gindama_pistol at 15:33
あ! 卵乗りゴハンや~..
by ピケ at 08:15
*pekopapaさん ..
by gindama_pistol at 10:25
ところで高級魚ホンモロコ..
by Pecopapa at 09:40
*VIVAちゃん ハク..
by gindama_pistol at 17:45
コメントから発掘記事! ..
by VIVA at 18:41
*岡ちゃんさん こんに..
by gindama_pistol at 10:23
*ピケさん 正月ボケで..
by gindama_pistol at 10:20
新年あけましておめでとう..
by 岡ちゃん at 09:00
++LINKS++
検索
ライフログ
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧