あんなことやこんなこと。ゆるゆるポンコツ雑記帳です。ごく希にですが真面目な事を書いてみたりみなかったり、、どっちやねん。

by 銀玉
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
以前の記事
<   2015年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧
ベランダ道楽

茗荷の芽


b0156734_11533849.jpg

もっと美味しいてこねとそうめんの為に育ててみる事にしたのだ。



あと関係ないですけど、、、

b0156734_11492257.jpg

珍しい人を偶然目撃したんです。


じゃ。



by gindama_pistol | 2015-04-30 11:45 | 道楽 | Trackback | Comments(4)
1983 東京

今から32年前、1983年、バブル景気に向かって東京は元気で熱かった。世界的に見てもヒップホップやグラフィティー等、ストリートから生まれた文化やアートが認められ始めたのも80年代初頭の事である。

当時僕は17才、多感な時代に触れたものに影響されまくり、、当たり前のように東京に憧れていた。そして18歳で上京して真っ先に見に行ったのがキラー通り(今でも通じるのかな)にあったON SUNDAYSというポストカードなんかを売るお店である。目的はお店というよりその建物である、その前年にキース•ヘリングが来日、建物の二階壁面に大きな作品を残したのです。それを一目見たくて青山通りからキラー通りをずんずん歩いたのである。その後、ON SUNDAYSとギャラリーワタリが一緒になり、向かいにワタリウム美術館が出来たんだけど、32年経った今もその建物(ON SUNDAYS)がある。

b0156734_17395953.jpg
当時はもっとカラフルだったと記憶するが、今は随分と薄れてしまっている。でも時代は1983年で止まったままである。

いつの頃からかこの二階部分は10年に渡り看板で覆われていたのだが、数年前にワタリウム美術館の企画展の為に看板を外され公開されたという。

b0156734_17470309.jpg
ワールズエンドとのコラボもそうだけど、83年から84年に掛けてのキース•ヘリングは最も精力的で自由だったと感じます。

そして面白い事にその後、この建物はどんどんと育っていったのです。

b0156734_17540577.jpg
2007年 一階壁面にバリー•マッギー が作品を残し、、


b0156734_17564030.jpg
2012年 Chim↑Pom が足され、、



b0156734_17585472.jpg
2013年 JRの作品が睨みをきかす。



b0156734_18121925.jpg
2014INVADERの到来。


なんとも錚々たる現代ゲージツ家が揃ったもんだ。これは国(東京都?)が有形重要文化財として守って行かなきゃなレベルだと思います。


そのほかにも、有名なのか無名なのか、勉強不足で分かりませんが、クオリティの高い作品が至る所に。


b0156734_18151487.jpg

b0156734_18152918.jpg

b0156734_18154503.jpg

b0156734_18155878.jpg

b0156734_18161920.jpg

b0156734_18163393.jpg


因みに今は何屋さんなのかと、ガラスのドアを見てみると。

b0156734_18164852.jpg

HOTEL JAPAN、、、?

中に入ろうともお休みなのか鍵が掛かっていて残念。ガラス越しに覗くと真ん中にダブルベッド。。。

詳しく知りたい方はこちらで♪


そんな訳で最後になりましたが、1983年にキース•ヘリングが来日した時に日本に於いて最初で最後となった個展をギャラリーワタリで開きました。冒頭の壁画はその時のものなんですが、、それから随分と経って当時の個展ポスターをある方から譲って頂いたんです。そのときは転げ回って嬉ションしたりなんかしたんですが、額装するのが億劫だったり、なんだかタイミングが悪くずっとタンスの奥で眠っておりました。そんなこんなで今回の引越しで久しぶりのご対面。折しも僕自身キース•ヘリングやっぱり好き!ってなタイミングで、額装して飾ることにしたのです◎

b0156734_18371873.jpg
どんな額装が合うのか悩む、、、

紙が特殊で写真じゃ分かり辛いのだけど、シルバーの粉が混ざったようなほんの少し光沢がかった感じなんです。
b0156734_18453412.jpg

b0156734_18455272.jpg

1983年3月8日から1ヶ月も開催されてたんですね、、、行きたかった!


by gindama_pistol | 2015-04-27 17:19 | モノ | Trackback | Comments(4)
オトンとフリスビー

また昔話なんですけど、子供の頃、家の前にマンガのような土管が転がった空地があってね、、その空地が遊び場としてちょうど良かったんです。毎日夕方になるとオトンが職場からダックスホンダにまたがり帰って来るんです。つかの間の夕暮れ時にオトンとフリスビーを投げ合うのがなんだか楽しかったな。野球や球技には全く興味が無かったんですが、円盤を投げ合うのは好きだった、、あの上昇気流に乗ってふわっと浮きあがる動きが堪らなかった。ついこの前、もうおじいちゃんになったオトンが上京してきたんですが、ふとフリスビーを投げあっていた頃を思い出してセンチメンタルなキモチに、、、

そうだ、フリスビーを買おう!

b0156734_15132644.jpg
いろいろ探していてこれはというのを見つけました。ピザの箱みたいなんに入ってフリスビーがやってきた。

裏側がスケルトンになっていて中身が見えるのだ。
b0156734_15151327.jpg

やっぱ、タコだよタコ♪

メーカーはフラフープをよにだしたWham-O社であります。

b0156734_15192691.jpg

b0156734_15195369.jpg

b0156734_15200848.jpg


ぽってりしたシェープにこの素材がまたいいのだ。

早く思い切り投げたいな♪


by gindama_pistol | 2015-04-23 15:02 | モノ | Trackback | Comments(0)
酒場は少し寒いくらいが良い

酒場運のある方やと思います。

引越し先には必ず素晴らしい酒場があるんです。

b0156734_17544960.jpg

駅前や酒場街の喧噪から離れたところに良い酒場というのはあるものです。

b0156734_18050018.jpg
良い酒場の氷は美しい。

b0156734_18054885.jpg
良い酒場は初鰹に力を入れるものなのです。

b0156734_18063699.jpg
良い酒場はひとつひとつの料理に愛情を感じのです。

b0156734_18073764.jpg
良い酒場は新鮮な魚が豊富なのです。

b0156734_18082339.jpg
良い酒場は盛り付けも手を抜かないのです。

b0156734_18095111.jpg
良い酒場には小上がりがある場合が多い。

b0156734_18110373.jpg
良い酒場は絶妙のタイミングでちょっとしたものをサービスしてくれたり、、


石油ストーブの暖の中、そろそろ酔いもまわったかなと思っていると、、

b0156734_18115907.jpg
いつも着物に真っ白な割烹着姿のお母さんがこれまた絶妙なタイミングでおうどんをサービスしてくれたりね、、

武蔵小山、豚太郎のお母さんは毎日朝から仕込みをして、夜7時位に店をあける。そして12時の閉店後に翌日の仕込みをはじめる。お休みは月にたったの1日だけである、、天晴れ、良い酒場を続けるには並々ならぬ努力が伴うものである。

b0156734_18235850.jpg


by gindama_pistol | 2015-04-15 17:51 | 酒場でダバダ | Trackback | Comments(1)
あの肉が帰ってきた

6年間、この時を信じて待っていた、、ついにあの肉が帰ってきたのだ♪


b0156734_16353471.jpg

万歳!!!

日清さんありがとう!!!

2009年、あの肉に代わってコロチャーなるちゃらい名前の肉が登場した時は枕を濡らしたものでした。

はぁ、これでペヤングさえ復活したら!




by gindama_pistol | 2015-04-14 16:33 | けーたい拙言 | Trackback | Comments(2)
カンガルーをカンガエルー

ベタなタイトルですみません、、毎度ですが、ベタだったり内容に全く関係のないタイトルを付けてしまいます。

さあ、いくよ。

b0156734_17024540.jpg
シェフがなんやら赤い肉の塊を切り分けております。

もう最初っから飛ばすよ。飛びます飛びます。

b0156734_17061379.jpg

この美味しそうな赤身、一体なんの肉?すみません、タイトルまんまでしたわ。カンガルーちゃんのヒレ肉の燻製、宮崎醤油とからし菜のサラダ仕立であります。今までカンガルーは何度か食べたけど、優秀な料理人が焼くとカンガルーのポテンシャルが一気に上がります。肉自体はかなり淡白で油分が殆ど無い為、幾らでも食べられます。ただこの時点では肉を食ってるって満足感は今ひとつだったのも正直なところ。まぁ前菜として考えれば丁度良い。

さぁ、これはなんだ、、、
b0156734_17112257.jpg
ワニ肉(クロコダイル)のイタリアンフリット、フルーツトマトのアグロドルチェですって、、アグロドルチェなんて知らんしシェフの受け売りです。

ワニってよく食べた人の感想で鶏肉みたいとか、魚と鶏肉の間みたい、、とか言われてますが、、僕が感じたのは目を閉じて食べたらほぼ魚に近いです。一番近い魚種はなんだろうと考えてみたら、、、そう、、鮟鱇です。食感も含めると河豚にも似てます。やはりこちらもあっさり淡白、、こういうのは一度一夜干しにしてみたくなる、、そう、干し道楽の血が騒ぐのだ◎

そして次なるプレートが運ばれてきた。
b0156734_17211409.jpg

カンガルーのランプ肉でサムギョプサル。
b0156734_17215857.jpg
左上から時計回りで山葵、胡麻油、柚子胡椒、オリーブカレー、四種の創作ソースで頂くのだ。

ここでカンガルーの本領発揮!ランプ旨い!やはり部位によって味わい深さが違う。しかもカンガルーはリノール酸が牛肉に比べ5倍、カロリーも3分の1とヘルシーさで言えば他を圧倒してるんです。なのでアスリートにもってこいなタンパク源なのであります。凄いぞ、カンガルー!ぴょんぴょん。

まだまだ続くよカンガルー。ぴょん。
b0156734_17301307.jpg
カンガルーロースト、トリュフマスタード添え。

このトリュフソースも良く合うし、カンガルーに合わせたソースを考えるのも楽しそう。いちぢく、いちご、又は柑橘系のソースもいいだろうな、、ちょっと真鴨っぽいところもあるし。

で、写真の右側に写ってるこれ。
b0156734_17454365.jpg
みなさん、なんやと思います?

半分に切ってみた。
b0156734_17462869.jpg
断面もきめ細かく、これが何なのか想像もつかないよ。

一切れを口に放り込み噛みしめてみるとじわっとぼんじり的な脂を感じる。そしてほんのかすかにレバ的というか鼻から抜ける香りがある。

むむん。

ワニのタンですって、奥さん!(照)

そっか、ワニの舌とは想像もつかなかった、、同席した参加者からは絶賛の嵐。それにしてもあの大きなクロコダイルからとれるのはたった一つ、貴重な部位であります。


もうこの時点でお腹の中はリアルオージー、ワニとカンガルーでパンパンです。

それでもまだ〆があるよ。
b0156734_17531576.jpg

カンガルーひき肉のボロネーゼ、自家製タリオリーニ。癖がないので普通に美味しい。タリオリーニとの相性もかなり良い。

そんなこんなでひと通りカンガルーを味わってふと湧いた疑問、、やっぱりカンガルーにも旬というのがあるのだろうか、、、オーストラリアもはっきりとした四季があるのできっとあるに違いない、、カンガルーの旬、ジビエらしく冬なのか、、もしくは初カンガルーに戻りカンガルーとか?(笑) そんな事を考えるのもまた楽しい。

いや〜、渋谷の真ん中(SHIBUYA bed)でこれだけカンガルーとワニにまみれるとは思わなかった。

まぁ、好き好んでザリガニとかナマズとかは食べたりしてますけどね、、今回はちょいと違うんです。

b0156734_17581561.jpg

友人に招待されて伺ったんですが、オーストラリア大使館の方やバセルさんというルーミートを販売されている会社が行った「いかにカンガルー、ワニを美味しく食べて、広めていかれるか」という趣旨の試食会だったという訳でした。

そんなわけでカンガルーもワニも文句無し旨い!

問題はカンガルーの可愛さとクロコダイルの恐竜的イメージをいかに払拭するかがカギである◎



by gindama_pistol | 2015-04-08 17:00 | 食い道楽(外) | Trackback | Comments(1)
200円のチリビーンズ

天気も悪くてお花見も中止になった土曜日の昼さがり、久しぶりの下町散策でぶら〜りぶらりと葛飾界隈。

菖蒲の季節にはまだ早いけど人気のない堀切菖蒲園でまだ散らずに咲き誇る桜の花を愛でて、向かった先はこんな酒場。

b0156734_14452586.jpg

堀切の誇る名店“きよし”さん。

三時の口開け前に到着すると、同じく気の早い輩が既に10人程、暖簾が出るのを待ってます。

いらっしゃいませの声で、カウンターの一番端にとまらせて頂きました。

ここに来たならやはりボール(焼酎ハイボール)なのです。
b0156734_14532552.jpg

氷冷焼酎に氷冷炭酸、氷なしのもっきりがデフォであります。


アテはまずこの一品。
b0156734_14565060.jpg
看板料理と言っても過言では無い〆鯖。上品な塩梅に〆られています。一人前10切以上あって280円。

そして個人的な好物、砂肝塩炒め。
b0156734_15022039.jpg
こちらも丁寧に下拵えがしてあってボリュームも満点。

ボールが進んでしまいサイドブレーキ、、まだまだ三時過ぎやもん。


なんかもう一品いきたいなと短冊見ていて見つけたのがこれ。
b0156734_15050874.jpg
チリビーンズ200円也、、、これホントに涙もんであります。辛さは調整出来るよう控えめで足らない人はタバスコかけるスタイル。辛いの苦手は僕はちょうど良い辛さで旨い。そんでもってパルメザンチーズはかけ放題の太っ腹、おまけにクラッカーが8枚も!

きっかり、3もっきりで気分上々。
b0156734_15160615.jpg

そんなこんなの小一時間、お会計はびっくりの1530円、、、

素敵過ぎる酒場なんですが、敢えてひとつだけ不満を言わせてください。


値段そのままで量を半分にしてください!!!


ごっつぉーさんでした!





by gindama_pistol | 2015-04-06 14:39 | 酒場でダバダ | Trackback | Comments(5)
カサンドラクロス

いよいよ3月に突入しましたね、、桜の花が待ち遠しい今日この頃。皆さま如何お過ごしですか? 今朝は気分転換に眉毛を全部剃り落として人相を変えて出勤したのですが、誰も気づいてくれず気まずい思いをしております。

すみませんだみつお、気の利いた嘘をつけませんだみつお。


b0156734_10431301.jpg


ナハナハナハ!!!(空振り)




by gindama_pistol | 2015-04-01 10:39 | 拙言 | Trackback | Comments(0)


最新のコメント
遅なったけど・・・誕生日..
by VIVA at 23:22
*のれそれさん ありが..
by gindama_pistol at 17:38
こんばんは。 これ..
by のれそれ at 22:47
*ピケさん ありがとう..
by gindama_pistol at 13:39
ハピ・バスデー・チュー・..
by ピケ at 18:54
*きのこ三十朗さん 今..
by gindama_pistol at 11:47
羨ましいにも程がある! ..
by きのこ三十郎 at 13:25
*なおPさん ありがと..
by gindama_pistol at 12:02
おめでとう!(^^)ノ
by なおP at 20:34
*れーこさん 基本シャ..
by gindama_pistol at 11:55
*きのこ三十郎さん き..
by gindama_pistol at 11:54
シャープな顔立ちが好きな..
by れーこ at 01:13
藤圭子さんと黒木メイサさ..
by きのこ三十郎 at 17:33
++LINKS++
検索
ライフログ
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧