あんなことやこんなこと。ゆるゆるポンコツ雑記帳です。ごく希にですが真面目な事を書いてみたりみなかったり、、どっちやねん。

by 銀玉
カテゴリ
タグ
以前の記事
<   2010年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧
濱のふぐ酒場

ええ店に行ってきました、、実にええ店でした、、

市民酒場みのかん、そして市民酒蔵諸星に続き、濱の市民酒場巡り三軒目のお店は高島町から薄暗い道を暫く歩いた、岩亀(がんき)横丁と呼ばれる場所にポツリとありました。
b0156734_18134721.jpg

市民酒場 常磐木さんです。

大将とその奥さん、そしてお婆さんの三人で営んでらっしゃる酒場、、家族経営の店って暖かみがあって大好きなのであります。

そんな訳で平日の夜、東京から遠路遙々と来た目的は一つ、、ふぐをたらふく食べたかったから、、河の豚ちゃん。

常磐木さんではふぐ鍋が2種類、ふぐちり(3500円)と、ふぐ豆腐(2000円)があるのですが、両方ともとらふぐを使っていて野菜の種類と具材が別皿で盛られているかの違いだけだそうで、、、それやったらと、迷わずお財布に優しい方の“ふぐ豆腐”三人前用意して貰ったんですが、、、
b0156734_18151849.jpg
どないですか、、このボリューム!

4人で伺ったので三人前にするか四人前にするか迷ったんですが、三人前で十分過ぎる量でありました。
b0156734_18162162.jpg

久しぶりのふぐの味は格別であります、、、ぷりぷりのふぐに橙絞ってホクホク食べる幸せ、、たまらんぜよ。(あっ、、まだ土佐を引きずってます、、)

最初はウーロンハイ呑んでたんですが(コダマサワーのグラスはいつ見ても可愛い)、、、
b0156734_1817716.jpg



やっぱりふぐと言えばヒレ酒です♪
b0156734_1818431.jpg
旨い旨いと杯を重ね、、、はぁ、、なんたる幸せ、、、

鍋以外にもやたら旨いモツ炒めやら海苔で包んで食べるネギチャーシュー、手作り焼売、、あと何やったかな、、忘れてしまいましたが、写真があったのはこのふぐの唐揚げだけでした、、笑
b0156734_18183936.jpg



で、、〆はやっぱり雑炊♪
b0156734_18194288.jpg

ふぐの雑炊って何でこんなに美味しいんですやろ、、お腹一杯でも入る入る、、、全くもって罪なやつ(はーと)

そんなこんなで大満足でお会計、、お金の事を言うのは野暮かも知れませんが、、ふぐをたらふく食べて、他にも美味しいもの仰山食べて、、呑んで呑んで呑んで、、一人4500円とは、、、優しい大将、優しい奥さん、優しいお婆さん、、お財布にまで優しくしてくれてありがとう!
b0156734_18201715.jpg


また大好きな店が増えてしまいました、、今年のハゼが始まったらせっせと通う事になりそうです、、
by gindama_pistol | 2010-03-31 18:23 | 酒場でダバダ | Trackback | Comments(12)
文旦のススメ

前にも書いた事あるんですけど、柑橘系の果物の中で特に文旦が好きでんねん、、因みに柑橘系以外でしたら菅原文太んとシベリア文太んが好きなのですが、、すみませんまた脱線してしまいました、、、そんな訳で注文していた土佐文旦が昨夜届いたんです♪
b0156734_1619569.jpg

嬉しいなったら嬉しいな!


実はボクが好きなサイトの一つに“四畳半の住人”というのがありまして、そこで紹介されている土佐の露地文旦ってのが前から気になっていたんです。自然のまま育ったものを「露地栽培」といって甘いだけではなく、程良い酸味や苦みもあり水晶文旦や温室文旦よりも高知では人気があるとの事です。ボクいつも思うんですが、いつから果物って糖度の高さばかりに拘るようになったんでしょうかね、、果物に限らずトマトなんかもそうですよね。甘いのは甘いので美味しいとは思うんだけど、中にはただ単に甘すぎるんちゃうか?と思う事もあります。適度の酸味や苦みがあった方が美味しいと感じるんですが、、古い人間なんでしょうかね、、、。

そんな訳で楽しみにしていた土佐文旦、早速食べてみたぜよ。
b0156734_16241478.jpg

身がしっかりしているので崩れたりせずにキレイに剥けたぜよ♪

ピチピチのつぶつぶ、、ぜよ!
b0156734_16251559.jpg

見ただけで美味しさがわかるぞ、、で、、食べてみた。しゃくしゃくとした噛み応え、、プツプツと弾ける果実!鼻に抜ける爽快な文旦の香り!ベタつきの無い爽やかな甘味が口いっぱいに広がる、、そして程良い酸味に少しの苦みが甘さにアクセントを加えます、、これはバランスが良い、、うん、露地文旦の旨さに偽り無し!これぞ柑橘系の醍醐味ぜよ♪

しかもね、皮を剥いたり食べてる最中も手がベタつかないのです、、グレープフルーツなんて手がベタベタになりますもんね、、あれ嫌ですよね、、ベタベタベタベタ、、、

まだ文旦は沢山あるので、文旦のステキな食べ方をマスターしたいと思っておりますぜよ!


ぜよ!!!(土佐万歳!)



そんなこんなの今朝の目黒川の桜であります。
b0156734_0291261.jpg


綺麗ですなぁ、、、、、
by gindama_pistol | 2010-03-30 16:53 | 食い道楽(家) | Trackback | Comments(12)
おしくらまんじゅう

曇天下の陽光桜、、、

b0156734_12242958.jpg

寒々しいっちゅうわ!

それでもお花見なのだ。名付けて“底冷え鼻水合戦!おしくらまんじゅう四時間耐久押されて泣くな!お花見会@西郷山公園”

あ、、おしくらまんじゅうはしてません、、久しぶりにおしくらまんじゅうを思い出したので言いたかっただけです、おしくらまんじゅうこんにちは!

人間はね、寒いと正座するみたいです、、、

b0156734_12271320.jpg



でもカメラを向けると一瞬ですが“寒くなんかないぞ”と精一杯の楽しさアピール、、寒いくせに!
b0156734_12281492.jpg



大人の階段を登ると食い物だけは充実するのであります。

b0156734_12292898.jpg

b0156734_12294632.jpg

b0156734_12301332.jpg

b0156734_12303386.jpg


手作りっていいなぁ、、、全部旨かったのだ。


名ばかりの陽光桜の下で記念撮影♪

b0156734_12313466.jpg

実に寒そう、、、ひんひんひん(涙)


そんな訳で今朝の目黒川は七分咲きでありました。
b0156734_1237563.jpg


見頃は今週末かと思われます、、、暖かい日差しの下で花見がしたいです、、、
by gindama_pistol | 2010-03-29 09:22 | 道楽 | Trackback | Comments(10)
修行道楽・・・

b0156734_8405054.jpg


場所取り完了!


本日修行の一日なり!


寒くなんかないぞ!寒くなんて!!!(鼻水)
by gindama_pistol | 2010-03-28 08:42 | 道楽 | Trackback | Comments(6)
パパの耳毛がボーボーなのだ

こにゃにゃちわ!

b0156734_1114711.jpg


届いた時は物足らなかった鼻毛と耳毛でしたが、今ではこんな立派に伸びています。


明日天気になるのだ!
by gindama_pistol | 2010-03-27 11:07 | ヘンなモノ | Trackback | Comments(6)
贅沢な炒飯

先日、肉大臣べっち君からこんなのを頂いたんです。
b0156734_1711555.jpg

尾崎牛のビーフステーキジャーキーです。なんでも肉好きの間では尾崎牛というのが最近注目を集めているのだそうです、、、

焼酎のアテに摘んでみたんですが、、、
b0156734_1723549.jpg


なにこれ!旨い!

うん、旨い牛肉ならではの赤身の旨みが凝縮されていてかなり美味しい、、脂はくどさが全く無く、さらっとした印象と甘みを感じる。そして噛めば噛むほどに牛肉本来が持つ力強く濃い旨みが口に広がっていく、、お陰でいいちこ飲み過ぎたやないの、、、

これね、ジャーキーなんですが、完全に干され乾燥している訳では無く一夜干しに近いんです。塩気が少し強く、食感は生ハムに近い感じです。

一番美味しい食べ方はやはりそのままなのか、、何かね、、何かこの塩気を生かして別の食べ方が無いか考えてみたんです、、

で、安易ではありますが、頭に思い浮かんだのが金華ハムの炒飯であります。きっとこの尾崎牛のジャーキーで炒飯を拵えたら旨いに違いない!

そんな訳で早速作ってみたのだ。
b0156734_1732532.jpg


いつも思うんですが、美味しさを表現する言葉って少ないですよね、、出来るものなら食べている時のボクの顔を見て頂きたい。尾崎牛を炒飯にするなんてと、べっち君には叱られてしまいそうですが、尾崎牛のジャーキー炒飯は想像していたよりも旨かった、、炒める事によって出る牛脂と旨みエキスがご飯にからむと最強、、そして香ばしく焼けた肉が小さくても実にパンチがあるんですわ、、いやほんと旨かった。

はぁ、、今度は尾崎牛の分厚いステーキを食ってみたいのだ。
by gindama_pistol | 2010-03-25 18:20 | 食い道楽(家) | Trackback | Comments(10)
ボインとナイン

久しぶりの六本木金魚、、
b0156734_1210230.jpg


最後に観たのは7年以上前やったかなぁ、、、そして初めて観た時の衝撃と感動は未だに忘れられまへん。そんな訳であの一流のエンターテイメントをKちゃんにも見せてあげようと期待に胸膨らませて行って来たんですが、、、

が〜〜〜〜ん、、、一体全体どうしてしまったんだ、、、ショックです、、、何年か前に開店以来がんばっていた座長さんがお辞めになったのは風の噂で知ってはいたんですが、、兎にも角にも出演者に華が無い、、ニューハーフを売りにしているにも関わらず半分近くが女である、しかも前に観ていた頃は出演者だけでも20人以上いたのに、今では半分以上減っておるではないか、、なんと言うスケールダウン、、、人気演目の幾つかは当時のまま残ってはいるものの、華のあるスターが居ないのでそこには感動が生まれない。店内を見回すと客席も7割の入りである、、当時はいつも満席だったのに、、これも不景気の煽りなのか、、(涙)がむばれ!金魚!!!



話は変わって、不景気と言えばボインだそうです。景気が悪くなればなる程、ボインちゃんがおモテになるんだそうです。毎度の事ですがソースはありませんけどね、、勝手にボクの脳内ではそういう事になってるだけです。

でもね、世の中が景気悪くても好景気でも、ボクはやっぱりナインが好きでんねん、、、ナインがあるからがんばれる!ナインがあるから未来がある!ナインの為にえんやこら!I LOVE ナイン!(キッパリ・・照)

そう言えば使いはぜずともボインやナインは今でも通じる?と思うんですが、ボインとナインの中間はコインって呼ばれてましたね、、うれし恥ずかし昭和の日本語ですね。訳がわからん方は月亭可朝で検索かけてみてね、、、

でもオトコの人って基本ボインちゃんが好きな人が多いですよね、、でもそれに比例せずボインちゃんは少ないと思うんですよ、、即ち世の中はコインちゃんとナインちゃんが圧倒的に多いっちゅう訳ですわ、、、そう考えるとナインに目のないボクにとっては大変喜ばしい世の中であると、、そんな事を考えていたら少しだけハッピーになってきました。

ナイン万歳!(なんのこっちゃ)

と、、締めてみようかと思ったんですが、、何か締まりが悪い気分、、、むんむん。

そうそう、いつの頃からボインを巨乳、ナインを貧乳なんて味気のない呼び方になったんでしょうか、、ボインはボイン!ナインはナイン!こっちの方がずっとええと思うんですけどね、、、まぁボインだのナインだの騒いでいる間はボインにもナインにもそっぽ向かれてしまうんでしょうね、、、

もうどっちでもええよ!
by gindama_pistol | 2010-03-24 08:08 | 拙言 | Trackback | Comments(8)
金魚でダバダ
b0156734_19233954.jpg


ごっつ久々でんねん♪
by gindama_pistol | 2010-03-23 19:23 | 酒場でダバダ | Trackback | Comments(4)
春ウララ♪

春ウラウラベッカンコー!
黒べえ多摩川河川敷に行くの巻、、誰が黒べえやねん。

春を探しに多摩川へ、、昨日は風もおさまり気持ちの良い小春日和でありました。

この時期、春は土の中に隠れてますねん。一心不乱に土を掘り起こして、、、ウラウラタムタムウラウラタムタム♪
b0156734_161109.jpg



あっと言う間にこんなに♪
b0156734_16123595.jpg

クチボソ釣りから野草採りまで何気に大活躍のバケツ(照)

これ何だか知ってますか?野蒜(ノビル)言いますねん。野に生える蒜と字の如くですが、ユリ科の植物で球根はエシャレットの様な辛味と香りがあり、野趣溢れる味わいがあると言われています。子供の頃はオトンがよく近所の空き地で採ってきて食べたような淡き思い出があるんですが、多分子供の舌にはちょっと合わなかったんでしょうね、、味に関してはあまり記憶がありません。そんな野蒜、先日“ぐうたら釣り師さん”が記事にされていて、都内でも身近に採れると言う情報を元に今回多摩川に野蒜探しに来たと言う訳です。

細葱のような葉が野蒜の目印です、こんもりと膨らんだように群生しているので、慣れると次から次へと容易に見つける事が出来ます。

沢山見つかったからと言って欲張ってしまうと後が大変ですよ、、下拵えが結構大変ですからね。

そんなこんなで採ってきた野蒜を新鮮な内に食べるのだ。

本来は葉がついたまま、球根の皮を剥くだけで食べられるのですが、今回は葉っぱ部分と球根をきちんと分けて下拵えをしました。
b0156734_16135028.jpg
バロックパールみたい、、、

b0156734_16142930.jpg




そんな野蒜を使った一品がコレ。
b0156734_16151382.jpg

これね、絶対に美味しいだろうと思ったんですよ、刻んだ生の野蒜をどっさり載せた初鰹の叩きなんですが。これぞ春のマリアージュ、、野蒜は鰹の為にあるんか?ちゅう程良く合いますよ。程良い辛味とシャリシャリとした食感が香ばしく野焼きされた鰹にバッチリです。


そして野蒜の酢味噌和えです。
b0156734_16154683.jpg

味噌と野蒜は相性バツグンですね。球根はエシャレットを上品にしたような優しい辛味と新玉ねぎにも似た甘みも感じられる、、葉っぱの部分も芽ねぎに似たような味わいで香りも良くて美味しいです。

あと、軽く塩揉みして食べてみたんだけど、これが一番野蒜の野趣溢れる味をダイレクトに感じる事が出来て素朴ながらも旨かった。
b0156734_1749888.jpg


春の野蒜採り、これから5月位までがシーズンだそうです。散歩がてらにちょこっと野蒜を採って、食卓に春を感じる一品を添えられるなんて素敵ですやん。お薦めであります♪

因みにこの日はツクシを採るのも目的やったんですが、結局見つける事が出来ず(涙)吉祥寺にはあんな沢山生えてたのにな、、、


そうそう、赤城大沼で釣ったワカサギですが、一夜干しにした後、冷凍保存していたのですが、そいつを唐揚げにして“信州飯田のねぎだれ”に日本酒とお酢を加えたタレに絡めた、即席南蛮漬けを拵えてみました。
b0156734_16163124.jpg
※これ殆どワカさんが釣ったワカサギです、、この中の7匹だけが僕が釣ったワカサギちゃんであります、、とほほ。

ちょいと濃いめの味でしたが、酒の肴やご飯のおかずに最適の一品になりました♪



何だかんだ言って、自分で釣ったり採ったモノは旨いのである。
b0156734_1617697.jpg

by gindama_pistol | 2010-03-23 16:19 | 食い道楽(家) | Trackback | Comments(14)
リハビリしてまんねん、、、

入ってはいけない所に土筆がわんさか、、、
b0156734_22481099.jpg


指で押したらぼわっと咲きそう、、
b0156734_22482183.jpg


綺麗やなぁ、、、、
b0156734_22483183.jpg


そんなこんなで調子に乗って立ち呑みピン子祭。ふわふわっとして、視界に黒い斑点が出現、、30分持たず貧血(涙)


明日は野草を摘みに行ってきます!
by gindama_pistol | 2010-03-21 22:54 | 拙言 | Trackback | Comments(6)


最新のコメント
遅なったけど・・・誕生日..
by VIVA at 23:22
*のれそれさん ありが..
by gindama_pistol at 17:38
こんばんは。 これ..
by のれそれ at 22:47
*ピケさん ありがとう..
by gindama_pistol at 13:39
ハピ・バスデー・チュー・..
by ピケ at 18:54
*きのこ三十朗さん 今..
by gindama_pistol at 11:47
羨ましいにも程がある! ..
by きのこ三十郎 at 13:25
*なおPさん ありがと..
by gindama_pistol at 12:02
おめでとう!(^^)ノ
by なおP at 20:34
*れーこさん 基本シャ..
by gindama_pistol at 11:55
*きのこ三十郎さん き..
by gindama_pistol at 11:54
シャープな顔立ちが好きな..
by れーこ at 01:13
藤圭子さんと黒木メイサさ..
by きのこ三十郎 at 17:33
++LINKS++
検索
ライフログ
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧