あんなことやこんなこと。ゆるゆるポンコツ雑記帳です。ごく希にですが真面目な事を書いてみたりみなかったり、、どっちやねん。

by 銀玉
カテゴリ
タグ
以前の記事
<   2008年 08月 ( 53 )   > この月の画像一覧
超最高でんねん
b0156734_1123783.jpg



鯛にヒラメにイワシにイカにエイにアナゴにあと沢山♪

ごめんなさい。鯛とヒラメは嘘です。
by gindama_pistol | 2008-08-31 11:23 | けーたい拙言 | Trackback | Comments(4)
我慢できひんだ…
b0156734_1338197.jpg




結局釣りきーの

釣糸たれーの

ハゼつれねーの


あんた嫌いーの

b0156734_13381927.jpg





でも楽しーの


嫁げません…
by gindama_pistol | 2008-08-30 13:38 | 釣り道楽 | Trackback | Comments(4)
沈ませたいのです
b0156734_11312010.jpg



90円の価値はあると思います。


…あるのか?


天気が悪くてわたくしの気分が沈んでます。


by gindama_pistol | 2008-08-30 11:31 | 釣り道具道楽 | Trackback | Comments(11)
コの字でチャチャチャ

中目黒のガード沿いにね、凄い店がありまんねん。


何が凄いかと言うと…


よく新橋の居酒屋なんかで晩酌セットとかほろ酔いセットいうてビール一杯につまみが二品位で千円ポッキリなんてあるじゃないですか?そこで仕事中にボケっとPCに向かってるお父さん。ね?でも良く考えてみるとそんな安い事ないやないけ!って微妙な騙され感じありますよね。


でもね…中目黒にあるコの字カウンターのこのお店の晩酌セットは凄いでっせ。

晩酌セット1340円也
千円札1枚に百円玉3つに十円玉4つや。

それでどんだけのもんやっちゅう話でっしゃろ?

教えたる。教えてしんぜよう!谷口くん。


まず日替わりの二十種類位あるメニューから3品選べます。それがサンマの塩焼やったらサンマ一本、ポトフみたいな洒落たものがある日もあったり、オッチャン達が大好きなメタボリックなかつとじやビーフシチューがあったりもします。もう夢のようであります。しかも正夢。ほらほらそこのオッチャン、何て言う店や聞かれてもまだまだ内緒です。せっかちなオヤジは嫌われまっせ。スナックの女の子にも陰でせっかちハゲとか呼ばれてまっせ。 まぁ兎に角、好きなもん3品食べられるっちゅう事ですわ。


驚いたか!?


あ、あんまり驚いてないじゃないか、、。


おっしゃ。オッチャンもスナックではいつも陰口叩かれてるけど近所の子供たちの間ではよくつまずくオモロいオッチャンで名が通っとるんや。たまにポケットのかんしゃく玉を一つあげたりして手懐けとるけどな。


よし、教えたる。3品好きな料理が食べられて…


飲みもんが3杯も飲めるのだぁ~~~!!!

ぱおぉ~~~~ん!!!

どや?驚いたか?驚いたのか?驚いてくれたみたいやな!よ~~しよしよしよし!よ~~~しよしよしよしよし! よしよしよし!よ~~~しよしよしよしよし! よしよしよし!よ~~~しよしよしよしよし! よしよしよし!よ~~~しよしよしよしよし♪


わてはムツゴロウさんか!

そんな訳で少し取り乱してしまいましたが、ビールでも日本酒でも酎ハイでも3杯飲めるんでっせ。

一つだけ問題なのは、わての場合どうやって3杯で止めるかと言う事ですわ…

そんな夢の楽園のような店で働く子からメールが来まして「○○の床が生まれ変わりました。開店前のレア写メです」との内容でこんな画像が添付されていました。

b0156734_1424186.jpg



余程嬉しかったんでしょうね…


そんな訳でこれ読んでドカッと人が押し寄せられるんも困るんで店名は伏せるのだ。もったいぶってケチな男なのだ。だからスナックでもモテないのだ。

やはり少しはモテたいからヒントだけ教えるのだ。駅から近いのだ。キャバクラとキャバクラの間なのだ。中目黒にはキャバクラは2軒しかないから簡単なのだ。



何故か後半、バカボンパパが憑依したのだ。ポテチン!
by gindama_pistol | 2008-08-29 14:24 | 酒場でダバダ | Trackback | Comments(12)
新橋の街角に咲くアマリリス

今年の6月、梅雨に入った頃の話です。

久しぶりに会った酒飲み友達と虎ノ門界「升本」軽く飲んだ後、てくてくと新橋方面に向かって歩いておりました。すると突然目に飛び込んできた朽ち果てたような建物。一見昔ながらの純喫茶に見間違えそうであるが、バーらしい。しかも廃墟では無く人の気配というか、うっすらと窓越しにオレンジともピンクとも言えないような滲んだ灯りが覗える。今まで色んな古い酒場を訪れました、オーシャンバーバラ荘、正直ビヤホール、甘粕、ブリック、今祥、、そのどれにも似ていない何か不思議な存在感があります。店の名は「洋酒居酒屋リリー」。


b0156734_1293626.jpg



入るのを躊躇っている僕を後押しする彼、、思い切ってステンドグラス風のシールが貼ってあるドアを開けましたよ!カランって思いの外軽く開くドア。店に入ってみるとそこは、、僕のつたない文章力では表せない空間がそこにありました。昭和50年代から60年代に掛けての日活の世界です!小林旭が、長門裕之が、川地民夫が、浅岡ルリ子が、そこにある別珍の椅子に座りグラスを傾けていたとしてもなんの違和感は無いでしょう。蛍光灯とピンクの灯りが交わっていかがわしくも妖しく漆喰の壁を染めております。一言で言い表すならば、夢の中の酒場、幻のような空間なのであります。


b0156734_12104683.jpg



カウンターに目をやるとそこにはラフロイグ、メーカーズマーク、グレンフィディックのボトルがびっしりとブロック状に並べられている。圧巻であります。そして棚にはジャックダニエルやジョニーウォーカー、他にもありましたが忘れてしまいました。全て舶来ブランドであります。


b0156734_12143754.jpg




ジョニ黒のソーダ割りを注文して、マスターに色々話を聞きました。まず最初に驚いたのはマスターの年!なんと85歳なんですと。甘粕のオババは年相応の見栄え(笑)であるが、ここリリーのマスターは85歳には全然見えない。そして可愛らしい店の屋号「リリー」の由来であるが、花のアマリリスから取ったのだそう。そういえばお店の看板にはアマリリスの花がデザインされている。

b0156734_121248100.jpg



そしてここにあるウィスキー各種、全て一杯500円也。ちなみにボトルキープも6000円均一・・・お通しに落花生が出ましたがノーチャージであります。2人で4杯飲んでぴったし2000円!ぴしゃっと2000円札で払ってやりましたとも。もちろん「偽札ちゃいますよ!」って言葉を添えて。マスター、にしゃっとチャーミングな笑顔で送り出してくれました、、。


都会のビルの間に咲き続ける花「アマリリス」。時代は平成を迎えて20年が経とうとしている事を知っているのか、見ぬふりか、、、

リリーの店頭に一本のお花が咲いております。しかしこれはアマリリスではありませんでした。梅雨の間だけ咲くタチアオイの花であります。紫陽花も好きですがこの真っ直ぐ伸びたタチアオイの花、潔くも薄桃色の花が四方を向いている姿が好きなのです。


b0156734_12134784.jpg

by gindama_pistol | 2008-08-29 08:08 | 酒場でダバダ | Trackback | Comments(5)
タイコウチ


万引きはしちゃダメです。

でも小学生の頃、小遣いで買ったランボルギーニカウンタックLP400の前輪の付け根にある部品が折れてしまった時にはイノウエ玩具店のプラモデル売り場でパッケージの中のビニールを少し破り、その部品だけを失敬した事があります。あ、、そうだ、、イノウエ玩具店ではまだあった、、(汗)ミニカーを一台股間に忍ばせ、もじもじとした足取りでお店から持ち出す事に成功し、そのまま国道23号線の真ん中に置きバスに轢かせてぺしゃんこになったミニカーを手に心の中で「クラ〜〜シュ」と呟いたりしていました、そしてもう一つアマガス文具店にてボンナイフをこっそり外に持ち出した所、事もあろうかアマガスのババアに見つかってしまい、商店街の端から端まで死ぬ思いで逃げ切ったのですが、結局顔を見られてしまっていたので翌日謝りに行きました、、、。

その後、大人になり、親戚の子供達へのプレゼントは殆どイノウエ玩具店で購入し、自分の犯した罪を騙し騙し慰めて来た訳ではありますが、、ごめんなさい、、堪忍して下さい!!!

なんだか最近昔の事ばかり語っておりますが、、これが世間で言う年寄りの幼児帰りというものでしょうか・・・・い〜〜や!早い!!!早過ぎるよーー(涙)

そしてまた小学生の頃の話ですが、以前にもセミの話をしましたが、昆虫を始めもの凄い生き物好きだったのであります。そんな中、当時どうしても欲しかったものはずばり「タガメ」であります。キングオブ水中昆虫!!!当時タガメを追い求め朝から晩まで池にいたものです。でも捕まらない、捕まらないどころか見つからないのです、、ミズカマキリや小さなゲンゴロウはいくらでもいるのにタガメってやつは全く見つからない。

そんなある日、山の方に住む親戚が突然尋ねてきて、ヒロ君(恥ずかしいですが実名です・・照)が欲しがってたやつはコレか?ってバケツを開けると、、、なななんと!!!タガメが30匹位うじゃってまんねん!!!もうあの時の嬉しさは何ものにも例えようがないのだ。強いて言うならば疲れ果て帰宅して部屋に入ると、日本人を中心とした(ここ肝心)世界中の美女が肌も露わに部屋に収まり切らない位居た時の悦び・・・すみません。。。風呂場の横に置いてあった水槽にはウナギがいたのですが、即ウナギはバケツに格下げです。すぐにタガメを水槽に移しました。水槽の中では30匹のタガメ、、、圧巻であります。その日は夜遅くまでタガメの前に座り観察して母親にほっぺをつねられ寝床まで引っ張られるまで夜更かしをしました。

翌朝、起きてそのまま水槽に直行であります。そこで見たものは、、、、そこで見てしまったものは、、、タガメが一匹もいない!!(涙)ガーーーーン!!!であります。そして次の瞬間衝撃が走りました。逃げないように水槽の上部に金網で蓋をしていたのですが、、その金網にタガメが上向きにビッシリとしがみついてるんです。それがもの凄くキモイ、、キモ過ぎるんです、、自分の虫好きを疑りたくなりましたが、こうビッシリとマス単位で比較的気持ち悪い腹の部分とか見せられるのは慣れてないと言うか、やはり気持ち悪いんです。。。結果、前日にはあんなに喜んでいたクセに一気に気持ちがダウンしてしまい、全部池に逃がしてしまいました。


子供って変なもので、あんなにタガメで懲りた筈なのに、そのすぐ後になって猛烈に欲しくなったのが「タイコウチ」であります。
              ↓

b0156734_13181022.jpg




タガメより若干ほっそりとしているだけと言えばそうですが、、なんでこんなゴキに大きな手と尻尾がついたようなのが欲しかったのか今更分かりませんが、とにかく夢にまで出てくる程欲しかったんです、、そう一匹で良いから。お願いだから山のおっちゃんがタイコウチを100匹持ってくる事は勘弁願いたい、、、。

そしたらね、、見つけたんです。川でですか?いーえ、池でですか?いーえ、ノーであります。イエスノー枕であります。通っていた小学校のね、隣にね、床屋があったんです、、その床屋のね、横に洗濯機がありまして、、その横っちょに小さい水槽がありまして、、その中にタイコウチが一匹だけ入ってるんです。しかも水深は2センチ足らず、、僕の中の力強くわがまなな悪魔がひ弱な天使に圧勝してしまいました。10分後にそのタイコウチはうちの水槽の中で伸び伸びと泳いでました、、、多分、お昼から夜11時位まで、

ず〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っと水槽の前にへばり付いてついてました。


そんでまた母親にほっぺたを前回よりも若干強くつねられて寝床まで引っ張られた訳ですが、、その夜、、忘れてしまいましたがもの凄い恐い夢を見たんです。股間を濡らすほど・・照

で、朝目覚めて、胸がもやもや、、重くのしかかる罪悪感に襲われました、、見つかるとやばいのでいつもより随分早く学校に向かい、見つからないようにタイコウチを水槽に戻しました、、、



やっぱり万引きはいかんのです!!!やってはだめなのだ。


とか言いながら近所にいちじくが沢山実っていて、気になって仕方がありません。
by gindama_pistol | 2008-08-28 08:27 | 拙言 | Trackback | Comments(11)
マメ1号の続きなのだ

この前、マメ1号完成の巻とか書いておきながら、実は早く見せびらかせたかった気持ちが逸ってしまい最終完成していなかったのにアップしてしまいました、、、。せっかち君以上にせっかちな自分、、閉口です。




そんな訳で、なんで完成出来なかったのかと言いますとですね。テナガエビ用のクーラーには活かせ用にブクブクを付けるんですよ。元々使っていた400円のブクブク君、死にそこないのアブラゼミの如くジージーと五月蠅く鳴くやつで困ったちゃんでしたが、それ以上に大きかったんです。大は小を兼ねるなんて言いますが、今回ばかりはそうは行きませんでした、色んなモノをくっつけた結果、、残されたスペースはペットボトルホルダーの横に辛うじて残った猫のひたい位の場所しかありませんでした。そこでちっさくて働き者を捜したのですが、ようやく見つける事ができて本日無事に装着完了したのであります♪



b0156734_2219840.jpg



バンザーイ!

上手い具合に収まりました。ぴったんこカンカンとランラン♪そして流石のナショナルであります。今まで使っていたブクブクがなんだったのだ?と思うほど静かです。

明る~いナショナ~ル♪ 明る~いナショナ~ル♪ ラジオ、テレビ、な~んでも、ナショ~ナ~ル♪

お礼の意味も込めて元気一杯歌っておきました。


そしてもう一つやりたかった事がコレであります♪
                ↓

b0156734_22254172.jpg



メジャーステッカーであります。クーラーがちっさいので22センチまでしか計れませんが、、このステッカーより遥かに大きなテナガエビとハゼを釣ることを目標としてがんがります。


そして、、本当のラスト???かどうか分かりませんが、、

温度計&方位磁石です。本来ならば温度計はクーラー内部に付けるのでしょうが、自分は外の温度が知りたい&方角も知りたい!(笑)


b0156734_2236747.jpg



以上!!!


こんなクーラーボックスに和竿だなんて合わないとは思いますが、この訳の分からんアンバランス感が自分では気に入っております。

ちなみに職人の遊心をほんの少し加筆しました。
by gindama_pistol | 2008-08-27 22:32 | 釣り道具道楽 | Trackback | Comments(11)
オヤジのアイデア

あのですね…
どこの家庭にも一つや二つはある話だとは思うんですけど…

子供の頃は我が家では当たり前で他の家庭でも同じ事してるんだって信じていて大人になってから恥ずかしい思いをする事ありますよね。


ありますよね。

ありますよね?

あーるーんーでーす!!!


多分、うちの家庭はそういうのがむちゃくちゃ多かったと思います。ここで一つ一つ書いていたら途中で飽きられると思うので、二つ程カミングアウトさせて頂きます。それでもやはり下手の長文ではありますが、、

1つ目は冬場に限った事なんですが、お風呂に入る時は家族全員ミカンを一つ持って入るんです。湯船にポカンとミカン浮かせて…ここまで書いていたら大体のみなさんは、あぁミカン風呂かぁ、香りも良いしお肌にも良さそうだな…と思うでしょ。まぁそれもあると後々になって思った位で当時はそんな事よりも目的はミカンを温めて食う事なんです…

お風呂から上がって、ほくほくのミカンを食べる…味は覚えているんだけど、あれってホントに美味しかったのかなぁ?と未だに何故温めて食べていたのか分かりませんが、結構ホットミカンを家族全員がエンジョイしていたのは事実です。でも今年の冬、帰省した時に見たんです…うちの親父がこっそりミカン一つ持って風呂場に入るのを…


未だにやってたんか!!

こうして書いているのも、その光景を見るまでミカンの話ずっと忘れていたんですよ、、


そしてもう一つは…これはかなり恥ずかしいんですが、、言っちゃうぜ!

あの、ポン菓子ってありますよね。こういうの。↓

b0156734_12565469.jpg


うちのお隣さんは昔お好み焼き屋さんで何故かポン菓子の機械があったんですよ…しかもポン菓子を売るんじゃなくて自分達で食べる為に(笑) 朝早く隣の家から「バン!!!」という爆発音で起きるというのが日常でありました。ちなみにそのお好み焼き屋さんは実は親戚で、その後お好み焼き屋を辞めて事もあろうか大人のオモチャ屋になってしまい、、そりゃもう小学生の頃は恥ずかしい思いをしたもんです。回覧板を持って行くとポカンと口を開けた素っ裸のオランダ人が天井に吊ってあったりと、、当時の僕にとってはかなりの衝撃でありました…

あ、、また話それてしまいました、ごめんなさい。

そんな感じでお隣さんの親戚とは仲良く付き合っていたので、ポン菓子をいつも持って来てくれるんです。例え米を切らそうがポン菓子を切らすことは無い家庭、、、

そして当時の夜の楽しみはなんといっても映画であります。水曜ロードショーが「夕陽のガンマン」だったりすると気分が盛り上がるんです。なんてったってマカロニウエスタンは僕も親父も大好きでしたから。わくわくしながら家族3人コタツを囲い、映画が始まる前にある準備をするんです。まず新聞の折り込み広告ありますよね。あれのつるつるで比較的丈夫そうな紙のやつを一人一枚ずつ直径2センチ位の筒状に丸めてセロテープで止めるんです。

そして親父がおもむろにコタツの上に新聞紙を広げ、その上に山のようにポン菓子を盛る訳です、、そして映画が始まると、、各自その丸められた広告を口にくわえ、、吸うんです、、ポン菓子を、、、手を汚さずにポン菓子を食う、、親父のアイデア、、、静まり返った部屋の中、荒野の乾いた風の音とポン菓子を吸う乾いた音、、す〜〜〜〜しゃらしゃらしゃら〜〜、パカランパカラン、夕日をバックにクリントイーストウッドが馬で駆けていく。

そんなグッドツールを考え出した親父ですが、最近になってようやく長年愛用してきたカツラを脱ぎました、、


パカランパカランパカランパカラン....................ひゅう〜〜〜〜〜〜〜
by gindama_pistol | 2008-08-27 07:38 | 拙言 | Trackback | Comments(4)
職人の遊心

去年から始めた釣り。餌釣り自体最後にしたのは高校生の頃だったと思う。そんな釣りを東京で再びやり始めるきっかけになったのは、古典酒場巡りで立石を訪れた時に偶然入った下町の伝統工芸品を展示販売する店。そこで目に飛び込んだのは笑っちゃうくらい小さなハゼ和竿でありました。

b0156734_1449915.jpg


本来のハゼ竿は注ぎ足せば1m80cm〜3m60cm位のものなのですが、この小さな竿は注ぎ足しても50センチ位のものであるにも関わらず、細部まで忠実に作られた中通し竿(竿の中に糸が通り手元に糸巻きがある)であります。
b0156734_14152860.jpg

b0156734_14154334.jpg


これだけ小さいとハゼ釣りには向いていないというか、使ってみた所でかなり使い難い竿だと思います。それでもこんな竿を作るなんて、それこそ竿師の洒落っ気というか遊び心を感じました。


作者は葛飾区に唯一残る和竿職人、芝崎稔さんです。竿には「竿しば」とちゃんと竿師の印もあります。
b0156734_1416142.jpg


欲しい、、なんだかもの凄い物欲心が湧いてしまいましたが、その日はグッと堪えて帰りました。でも何日経っても頭から離れない、、もしかすると既に誰かが買っちゃったかも、、でもそうであったら諦めもつくぞと思いながらも二週間後に再び立石を訪れると、、、ちゃんとあるんですよ。僕を待っていたかのように(笑)


で、その竿は結局僕の物になったのでありますが、最初はこの竿を実際に使うと言うよりも飾ったり眺めたりして楽しむつもりでありました。まぁ将来的にはこれでタナゴ釣りなんかも洒落ていて良いなとかは思いつつ。

それからは和竿の魅力にはまり、本を買ったり、本格的なハゼ用の和竿を中古で買ったりしていたのですが、和竿っていうのは使っている間に曲がってきたりして、火入れというのをしなくてはなりません。大抵はその和竿を作った職人さんの所に持ち込むのですが、ミニハゼ竿を作った芝崎さんにどうしても会ってみたくなり、竿しばさんに電話をして「そちらで買った竿では無いのですが、火入れをお願いしたい」と聞くと、うちで作った竿じゃなくても火入れはしてあげますよと嬉しい返事を頂きました。


早速、竿しばさんにお邪魔して芝崎さんにお会いしました。初めてお会いしたにも関わらず、竿の話や釣りの話をしてくださり、この方は心底釣りを愛しているんだなと思いました。そこで僕は例のミニハゼ竿の話を切り出しました。実はあの小さな竿を買ったのは僕なんですよって、、途端に芝崎さんは驚いたような表情で、あの竿を買ったのがどなたなのかずっと気になってましたと、あんな洒落で作ったものは売れるとは思っていなかったと(笑)でも買ってくれた人が居たと聞いて非常に嬉しかったとも言ってくださりました。芝崎さん曰く、あの竿はちゃんと使える。その気になったら船釣りでも出来るんだって。そしてあんな竿でハゼ釣りなんてしていたらそれこそ粋ってもんだ、でも手返しの悪さは日本一だと笑いながら話す芝崎さんの目は子供のようです。その時はいつの日かわざわざこの竿を使って手返しの悪いハゼ釣りも道楽の一つとして楽しむ事もあるかもな、位にしか思っていませんでした。

それから一年が経ち、ハゼシーズンに入る前に何か楽しそうな釣りはないかと調べて知ったテナガエビ釣り。あまりの楽しさにあっと言う間にはまってしまいました。何度かテナガエビ釣りに通う中、テトラの上からの穴釣りをしている時に1.5メートルの竿でさえ長くて使い辛い、、どうしたもんかなと思っていた時に頭に浮かんだのがこのミニハゼ竿であります。長さ的にはバッチリです。しかも中通しなので糸の長さの調整も出来て使い易そうです。早速、この竿も持ってテナガ釣りに行き使ってみました。テナガが釣れた時のビンビンという感触もダイレクトに伝わり使い心地は最高です。それからはテナガ釣りの時は必ず持って行くようになりました。遊び心で作られた竿が道具として初めて生かされました。悩みに悩んで買った竿ですが、やはり買って良かったと心から思いました。
b0156734_14185723.jpg



そして重量はたったの3グラム(笑)
b0156734_1811779.jpg




〈追記です〉

そんな訳で短い和竿の魅力にはまってしまい、実は一ヶ月位前にこんなタナゴ用の和竿をテナガエビ用として買ってしまいました、、やばいです、、自分、、みんなにテナガ釣りは2000円もあれば出来るなどと豪語しておきながら(汗)


b0156734_21534735.jpg


これは正雲作のもので継ぐと80センチ位ののべ竿です。和竿の中ではかなり安い竿なのですが、安かろう悪かろうではなく中々美しくて調子の良い竿であります。


今は我慢の心ですが、来年位には四尺位のテナガ竿を柴崎さんに作ってもらい・・・

貯金します!



by gindama_pistol | 2008-08-26 12:37 | 釣り竿道楽 | Trackback | Comments(8)
じーん・しもんず
b0156734_18321422.jpg




本日、夕方からの予定がキャンセルになり、映画でも観ようと2日続きのギロッポン…


デトロイト・メタル・シティ…




キッスのTシャツを着ていた事をすっかり忘れていていました、、、後悔したりしなかったり。



b0156734_18321462.jpg

by gindama_pistol | 2008-08-25 18:32 | KISSでんねん | Trackback | Comments(12)


最新のコメント
*きのこ三十郎さん 気..
by gindama_pistol at 18:23
すごくすご~く気が早い気..
by きのこ三十郎 at 17:04
*ハムプさん こんにち..
by gindama_pistol at 14:48
と~てもお久しぶりです。..
by rouge8686 at 11:46
*ピケさん 今年のGW..
by gindama_pistol at 13:38
GWで津周辺で『ここ掘れ..
by ピケ at 17:47
*VIVAちゃん せや..
by gindama_pistol at 20:22
あるあるやわ!数日前に金..
by VIVA at 22:36
*VIVAちゃん あん..
by gindama_pistol at 10:16
遅なったけど・・・誕生日..
by VIVA at 23:22
*のれそれさん ありが..
by gindama_pistol at 17:38
こんばんは。 これ..
by のれそれ at 22:47
*ピケさん ありがとう..
by gindama_pistol at 13:39
++LINKS++
検索
ライフログ
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧