あんなことやこんなこと。ゆるゆるポンコツ雑記帳です。ごく希にですが真面目な事を書いてみたりみなかったり、、どっちやねん。

by 銀玉
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
カテゴリ:食い道楽(家)( 108 )
事件です

カレーマルシェから肉が消えました。。。




by gindama_pistol | 2017-07-03 20:57 | 食い道楽(家) | Trackback | Comments(0)
弁当物語

たまに気が向いたり夕飯の残りがあったりすると弁当拵えるんですけど、どうも上達しないおかずの詰め込み方。

そんじゃいっそのこと。

はい、空の弁当箱です。おかずの間仕切りは取っぱらいます。
b0156734_10512598.jpg


まんべんなくご飯を敷き詰めて。
b0156734_10523079.jpg


敷地の6割程度、キャベツ炒めを敷きます。
b0156734_10530484.jpg


左の余白には明太子。
b0156734_10540944.jpg


明太子には海苔を、キャベツ炒めには薄焼き玉子。
b0156734_10545668.jpg


ここでもう一度ご飯をまんべんなく敷きます。
b0156734_10561002.jpg


そして豚肉を甘辛く焼いたのをこれでもかと!
b0156734_10571975.jpg

プチトマトをふたつ入れたらセンスの欠片もないヴィジュアルになったとさ。

うまければそれでいいのだ。


by gindama_pistol | 2017-05-08 10:47 | 食い道楽(家) | Trackback | Comments(4)
寒沙魚の南蛮漬け

横ハゼを大事に持ち帰り拵えました。

b0156734_10292958.jpg

いつもは入れないピーマンと赤玉ねぎを使ってみました。

やっぱりハゼはしみじみ美味しいのです。

今年もあと僅か、、なにかをしていてもしていなくとも時は流れる、、、バンカラガラクタ。




by gindama_pistol | 2016-12-15 10:28 | 食い道楽(家) | Trackback | Comments(2)
夏を偲んでテナガエビ

酷暑の夏も今思えばあっと言う間に過ぎてしまいました。

そして冷凍庫には神奈川県某川のヒラテテナガエビが未だストックされててね、、、

雨模様で釣りにも行けひんしね。


忘れられた、、もとい、大事に保存してたエビを解凍して菊正宗でぐつぐつ煮ます。

b0156734_14062732.jpeg

そんでもって砂糖と醤油で好みの味に整えたっぷり胡瓜を加えるのです。

b0156734_14080621.jpeg


さらに数分煮込み、冷めたら出来上がり。
b0156734_14085657.jpeg

土佐の郷土料理「手長えびと胡瓜の煮物」であります。

とか言っておきながら初めて拵えたんですけどね、、、

テナガエビと胡瓜って不思議に合います。冷蔵庫で冷やした一品はまさに夏の味。

真夏の蝉時雨の中、縁側で冷えたビールのアテするのが最高なんやと思います。


by gindama_pistol | 2016-09-19 14:00 | 食い道楽(家) | Trackback | Comments(4)
ヒラテ炒飯

ちまちまちまちま。

b0156734_12243594.jpeg

ヒラテテナガエビの殻を剥いてね。

上半身は油でじっくり炒めて。

b0156734_12270347.jpeg

エビの風味をたっぷり油に、、、


ちゃちゃちゃと炒めて出来上がり♪

b0156734_12295486.jpeg

ヒラテテナガエビの炒飯、、、苦労の味がする一品でありました。



by gindama_pistol | 2016-07-17 12:24 | 食い道楽(家) | Trackback | Comments(6)
最後のカブト

5月いっぱいで閉店される平間のケイユーさん。

もうあのカブトが食べられないかと思うと、最後にもう一度味わい尽くしたいとね、、先週ガス橋にテナガ釣りに行った際、買って帰りました。

b0156734_17345585.jpeg
何度もいいますがこれで450円、、、

b0156734_17355174.jpeg
やっぱり旨いよ。隠し味というか独特の風味が癖になります。しかもひな鳥だから細かな骨なんかもぽりぽり食べれちゃいます。

そんなわけで、最後のカブトとか言いながら5月いっぱいという事はまだ食べられるチャンスありますやん!って事で、、この前の土曜の事です、、テナガ釣りで南武線に乗るので途中下車して買おうと決めてたんです。当日、ケイユーさんに念のため電話をすると、今日はもうカブトは焼かないと申し訳なさそうに言われました、、閉店も近いので最低限の仕入れにしているみたいです。

残念だけど仕方がない。改めて平間のケイユーさん、ありがとう。そして長きにわたりお疲れ様でした!


話は変わりますが、浅草は千束通りにある竹松鶏肉店さん、ここは以前ハツを23円分購入した店であります(汗)

そんな竹松鶏肉店さんの名物。
b0156734_17531728.jpeg
なか焼きと呼ばれる手羽中を甘辛い味付けで焼いたものです。昨日買ってきて食べていて気付いたんですが、ケイユーさんのカブトと同じ風味というか独特の鼻に抜ける香りがある。その香りの正体はわかりませんが、あとを引く旨さなのです。



by gindama_pistol | 2016-05-30 17:30 | 食い道楽(家) | Trackback | Comments(0)
ペヨング
b0156734_21364792.jpeg

明日の朝ごはんにしたいと思います。

おやすみなさい。



by gindama_pistol | 2016-03-17 21:36 | 食い道楽(家) | Trackback | Comments(0)
ごっこと遊びました

ずっと憧れていた魚に御徒町で出逢いました。

b0156734_09551514.jpeg

さすが、僕らの味方、吉池スーパーマーケット♪

b0156734_09572036.jpeg

お家に帰っていざまな板ショー♪


ぼて〜ん

b0156734_09580911.jpeg

これが、1キロオーバーのごっこ(布袋魚)である。なんとも悩ましいフォルム、、堪らん。しかもお店にいた時はまだ活きていた超新鮮ごっこ


それにしてもどこを持ってもどろんどろんでぬるぬる、、摑みどころがない、、、

でもね、、、こうして、、

b0156734_10030479.jpeg

猫ちゃんつかみで簡単に持ち上がる。※正確には中骨を持つ。

はじめまして、おら、ごっこ。

b0156734_10054861.jpeg


仰向けにするとこんな感じ。

b0156734_10523570.jpeg

もう興奮して観察しまくり。


こんな大きな王冠のような吸盤がある。

b0156734_10075324.jpeg

ここから解体ショーですから苦手な方は迅速にスクロール願います。





















5

4

3

2

1


お腹をひらくと、、、
b0156734_10091185.jpeg

浮袋の下に薄いオレンジ色の物体が見えます。


なんと想像を遥かに超える大量の卵であります。

b0156734_10140335.jpeg

この後、お腹の中をキレイに取り除き、卵と肝だけ大事にとっておきます。

ここで気付いたんですが、このごっこって魚、不思議な位に魚臭さというか生臭さがないんです。ぬるぬるの粘液も水で手を洗っただけですっと落ちる。その後手を嗅いでも生臭くないんです、、でも微かに嗅いだことの無いごっこ臭っていうのかな、、例えようが無いのですがそんな香りがするんです。他でこの香りに近いものを見つけたらごっこの香りだねと言ってみたり、ワインを飲み終えて、微かなごっこ臭が爽やかに鼻腔を刺激するねと、傍らの彼女に告げたりね。

すみません、また妄想で話しが逸れました。

そんなこんなで、ごっこに熱湯をまんべんなくかけると。

b0156734_10184748.jpeg

こうして粘膜のような皮がきれいに剥がれます。


どでかいおたまじゃくしの出来上がり、、、(笑)

b0156734_10193856.jpeg

こうなれば、ぬるぬるしないしこちらのもんである。

少しばかり手こずったけど、中骨外してあとは食べやすいようにぶつ切り。

b0156734_10223550.jpeg

見た目といい、このコラーゲンの塊、海のスッポンと言われるのが納得できる。

昆布でとった出汁に醤油、酒、みりんで味を整え、ごっこを投入。

b0156734_10243809.jpeg

一煮立ちしたら卵も入れて、ごぼうをはじめとする根菜中心に豆腐や椎茸もどどんと。

b0156734_10283205.jpeg

これぞ道南の郷土料理、ごっこ汁完成の巻♪(肝心のごっこがちょいとしか見えてないけど)


はじめて食べたごっこ汁、これかなり旨い、、ごっこの出汁が本当よく出ていてあの姿から想像出来ない上品さと旨味。そしてごっこや具材にプチプチとした卵がまとわりついてこれまた食感含め美味しい。


そしてこのごっこ汁に欠かせないのがこれ。

b0156734_10302671.jpeg

生海苔であります。この日は運良く静岡産の新海苔が出ていたので迷わず購入。

この生海苔を鍋に直接入れず、食べる分だけよそった椀に入れて食べるわけだ。

想像してごらん。

もう、今日からあなたはごっこを食べるまでごっこの事を考え続ける羽目になったのです。はい。


あ、そうだ、、、

b0156734_10485620.jpeg

やっぱり〆はうどんなのだ(ごはんが無かったから)


ごっこ君、、もとい、ごっこちゃん(メスだった)ありがとう!楽しんだよ!


ご馳走さまでした!





by gindama_pistol | 2016-02-27 09:53 | 食い道楽(家) | Trackback | Comments(4)
たくあんたくあん

近所の唐揚げ屋の弁当が好きなんです。

でもね、付け合せのマカロニサラダ的なものが苦手。

なのでマカロニサラダは入れないでくださいと注文するのです。



























b0156734_17263812.jpeg

これを優しさと受けとめております、、、僕はね。






by gindama_pistol | 2016-02-19 17:23 | 食い道楽(家) | Trackback | Comments(0)
モクズガニがやって来たヤァヤァヤァ!

ある日の朝、、元気一杯のモクズガニが島根県からやってきた。メンタばかり10匹のカニ様。

b0156734_11151265.jpeg

ホントに元気過ぎて恐い恐い。


そんなわけで、氷水の中で静かになるのを待つ。
b0156734_11155887.jpeg

ようやく30分が経った頃、動きが鈍くなるカニ様。

b0156734_11172194.jpeg

そんなこんなでカニ様が寝ている間に解体!

b0156734_11175802.jpeg


それを米の上に並べて。
b0156734_11184585.jpeg


b0156734_11201888.jpeg

足でとった出汁で炊く。

炊きあがり炊きあがり♪

b0156734_11204683.jpeg

こからが大変なのだ、甲羅の内子やミソ、そして身を丁寧に丁寧に、、ちまちまちまちまと取り出し、炊きあがったご飯に混ぜる。

b0156734_11223171.jpeg

出来上がり。旨くない訳がない。

残りの5杯のモクズガニはシンプルに塩茹でに。

b0156734_11234338.jpeg

いや〜、モクズガニは楽しくてこの上なく旨いのだ。


ごっそーさん!



by gindama_pistol | 2015-09-29 11:13 | 食い道楽(家) | Trackback | Comments(0)


最新のコメント
この釣りが僕の理想形です..
by ピケ at 21:31
*ごりさん 黒鯛残念で..
by gindama_pistol at 10:19
最高の場所ですね、 南..
by ごり at 08:57
*大さん こんにちは。..
by gindama_pistol at 11:51
こんにちは。 イソメ滑..
by 大 at 00:36
*ごりさん あの川、ポ..
by gindama_pistol at 16:30
私、10日は、あの川に行..
by ごりさん at 10:25
*ピケさん そうなんで..
by gindama_pistol at 11:22
2番目の”あのかわ”、プ..
by ピケ at 08:07
*ごりさん こんにちは..
by gindama_pistol at 10:28
やっぱりWD方面は、だめ..
by ごりさん at 08:55
*ピケさん 最近良くウ..
by gindama_pistol at 11:43
お!ウロちゃん釣れてます..
by ピケ at 08:17
++LINKS++
検索
ブログパーツ
ライフログ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧