あんなことやこんなこと。ゆるゆるポンコツ雑記帳です。ごく希にですが真面目な事を書いてみたりみなかったり、、どっちやねん。

by 銀玉
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
カテゴリ:食い道楽(外)( 136 )
三宿の新記

ものすごく久しぶりに香港麺の新記にやってきた。

b0156734_15554549.jpeg

三宿交差点の角っこ、松屋じゃないよ、二階です。


入口はこの自販機の横、、、

b0156734_16090651.jpeg

怪しい階段をあがると、、

b0156734_16002594.jpeg

こんな古い香港のネオン街の写真が貼ってあったり、怪しい怪しい(笑)

久しぶりに来たらカウンターが無くなっていた。
b0156734_15595002.jpeg
この店のオープンは1994年、もう22年にもなるんだ、、オープン当時、まだお客さんもまばらだった頃にカウンターに座っていたら、隣に女性のひとり客が座った。それがなんと飯島愛さん、、、もうどぎまぎして食った気がしなかった遠い記憶。

そんなことを思いながら待っていると大好きな汁なし香港麺の到着♪

b0156734_16053458.jpeg

当時からずっとこれを食べ続けている。変わらない味、、日本に媚びてないのが良い。でも以前よりメニューが沢山増えてちと目移りしてしまった。

b0156734_16070773.jpeg

このスープもねぇ、、変わらない、、、そして旨い!

ご馳走さまでした!


by gindama_pistol | 2016-02-10 15:54 | 食い道楽(外) | Trackback | Comments(0)
ふわふわのオムライスが苦手ですみません

また、関係ないタイトルで自己アピールしてしまいました。


やっぱステーキっすよ、パイセン!

b0156734_12333020.jpeg
千葉はいちはらあたりで見つけた田中屋レストランさん。

このヒレステーキ定食が2千数百円で食べられる、、まるでヘブン。


あれま、もう12月でんがな、、、



by gindama_pistol | 2015-12-01 12:32 | 食い道楽(外) | Trackback | Comments(0)
なじみたいのです

川崎の丸大ホールを過ぎ、駅前開発から奇跡的に逃れた路地を進むと、、、


暗闇に突然浮かび上がる看板が、、、

b0156734_15385190.jpeg

おな、、おな、、読めひん、、、それにしてもお化け屋敷感もりもり。

この看板を目印にオトナ2人が並んで歩けないような細い路地を入る、、気分はキャット。


左手に点灯していない看板が、、、おなじみと、、あぁ、、さっきのお化け屋敷感もりもりの看板には“おなじみ”と書いてあったのか。
b0156734_15422478.jpeg
まだ準備中?なのか、、恐る恐る引戸を開けると。

b0156734_15453635.jpeg
失礼な言い方になっちゃうのだけど、意外にも店内は明るくこざっぱりと掃除も行き届いている。期待に胸がバルーン。

灯りの消えた看板には“大衆酒場 おなじみ”とあるが、ここはれっきとした焼肉屋である。

こちらがメニュー。
b0156734_10361233.jpeg


まずはタン塩を焼く。

b0156734_15512413.jpeg

タン塩旨し。やはり、焼肉は炭火よりもロースターでさっと焼くのが良い。

b0156734_15525319.jpeg
ホルモンも新鮮である。タレも味噌が使われていて絶妙な塩梅。ホッピー進む進む進む君。

そして感動したのがこのロースなのだ。
b0156734_15552621.jpeg
よくある薄切りタイプでは無くて、厚めにスライスされたロース、、しっかりと肉の味がして柔らかく噛み切れる。


そのロースをガス釜で炊きあがったばかりのごはんにのせて、、箸休めは程よい酸味の熟れたキムチ。

b0156734_15572879.jpeg

ごはんが進む進む進む、、、





進むちゃーん!!(木村)


大満足。

こちらのおなじみさんは、おばちゃん1人できりもりされているんですが、最初はとっつきにくい感じがしたんですけど、優しいおばちゃんなんです。

そしてホッピーがすごい、、金宮の酎ハイグラスをひと回り大きくしたようなグラスなんですが、ホッピー一本で軽くナカ3回お代わりできる、、僕が知ってる限り学大の浅野屋クラスであります。


これからゆっくりと、おなじみさんでおなじみさんになって行こうと満天の星(嘘)に誓った夜なのでした。




by gindama_pistol | 2015-10-29 15:37 | 食い道楽(外) | Trackback | Comments(0)
70年間の歴史

終戦の翌年昭和21年に開店した亀八鮨さん。

b0156734_12140507.jpeg

武蔵小山駅前再開発の為、本日をもって70年の歴史に幕を降ろしてしまいます。

まだまだ、大将はお達者なのにねぇ、、、残念でなりません。


b0156734_12183130.jpeg

この“いわし”、最近出会ったばかりなのに、もうお別れ、、、でも食べられて幸せでした。





by gindama_pistol | 2015-10-27 12:08 | 食い道楽(外) | Trackback | Comments(2)
ハゼはデザートの巻
2015.10.11.


中華街にある秘密の肉園へ。

いつもの釣り仲間、ワカさんとジルをお連れして。

このお店、一見するとテイクアウトしか出来ないような佇まいなのです。

建物の右にある狭い階段を上がって2階にいくと、、、

b0156734_19514264.jpeg

b0156734_19520115.jpeg

こんな感じ。ここんちは肉の盛り合わせが迫力満点で人気なのだけど、お昼ごはんだから丼をかっ喰らうのが目的。


僕が注文したあひる肉と骨付き叉焼丼。
b0156734_19533529.jpeg


ワカさんはあひる肉と皮付き叉焼丼。
b0156734_19544391.jpeg

ジルはというと、あひるを気にしつつ、皮付き叉焼と腸詰め丼。

b0156734_19554933.jpeg

そんなこんなで、肉を交換して食べ比べたり、、、皮付き叉焼は初だったけど、皮がパリッとしていて旨い。腸詰めも複雑な味わいで、これまた良い。

でもね、私的ベストはあひるちゃん、、あっさりしてるんだけど、旨味がハンパない。

この店ね、、こそっと教えると、金陵という広東式の焼き物専門店です。因みに中華街で炭火を使って焼いているのはこの店1軒だけだそう。


そんな訳でお腹一杯になった我ら3人は、やっぱ横浜まで来たことだし、アレだよね、、という訳で、、向かいましたよ。

b0156734_20062615.jpeg

たまちゃんポイント到着◎

さっそく仕掛けを放り込むと、、、瞬時にブルル!

b0156734_20070163.jpeg

またまた瞬時にブルル!

b0156734_20080327.jpeg

ものの10分で続けざまに♪
b0156734_20081705.jpeg
これは今日1日大変な事になるぞ♪ 期待に鳩の如く胸が膨らむ。


一方この人、、、

b0156734_20102385.jpeg

b0156734_20103697.jpeg
中華街でビール飲んで、たまちゃんに到着してウーハイ飲んで、、後ろ姿を見るだけでぶれぶれな感じ(笑)

そんな訳で、、
b0156734_20114905.jpeg
時を同じくして、、大きめ2匹のマハゼはジルの釣果、他のちっさいのは側面に瑠璃色の点々があるやつ、、これ全部ワカさん、、、くすくす。この時点でノーマハゼ(笑)

でもね、、ほんと良かったのは最初の30分だけ、、、何故かアタリは遠のき激渋モードへ突入、、、

b0156734_20171584.jpeg
飽きてカニに遊んで貰うジル、、、


そしてやはり正座は卒業したのか、、、この日も正座姿を見せてはくれなかった。
b0156734_20175142.jpeg

夕方4時半、ほぼ満潮(大潮)
b0156734_20185734.jpeg

なにしてるんでしょ、、、
b0156734_20200620.jpeg
人は飽きると謎な行動や動きを見せてくれるもんですね。


そんなわけで、ぶれずに最後までがんがった僕。
b0156734_20210326.jpeg

やっぱりもう一度馬車デッキに戻ろうかな、、、うん。



by gindama_pistol | 2015-10-13 19:46 | 食い道楽(外) | Trackback | Comments(4)
とんかつラーメンへの想い

つい先だってお伝えした、山田ら〜めん閉店の悲しいお知らせ。今週末にご焼香に行こうと思っています。

山田ら〜めんさんの看板と云えば、やはりとんかつラーメンだったんだと思います。それも味噌とんかつがテッパン。あのラーメンに乗ったとんかつ、最初はさくさくで時間が経つにつれスープがしみてそれはそれで味わい深い。いつも不思議に思っていたのは、最後の最後までとんかつの衣は薄くぴったりと肉にくっ付いたまま、はがれない。因みにとんきのとんかつをラーメンに乗せたならば、一瞬にしてセパレートしてしまうんやろね。

そんな今では食べられない、山田さんの味噌とんかつラーメンに想いを馳せていたら、ふと思い出したんですよ。

そんな訳で武蔵小山の隣である不動前へ。駅から歩くこと5分、、、よかった!暖簾がでてる♪

b0156734_16005166.jpeg
因みにこの写真は去年の7月末に初訪した時のものである。こちら創業50年にもなる「こばやし」さんです。偶然前を通った時に瞬時でビビピ、、間違いない。

そんなわけで飛び込み食べたのがこの炒飯。

b0156734_16021618.jpeg
やはり、間違いなかった、、、これだよこれ。


その時に見つけてしまったんです、、あのメニューを。
そして本日、再訪したのであります。

注文は迷わず「とんかつラーメン」であります♪

b0156734_16075621.jpeg
おおお!これがこちらのとんかつラーメンか!若干色が濃いめの醤油スープである。

b0156734_16192790.jpeg

まずはスープを、、、鶏ガラの出汁に野菜昆布の旨味と甘み、これぞ中華そばって感じで色から想像するような味は濃くなくあっさり、でもしっかりと芯があってボケてない、コクもある。旨い!

そして麺である、少しばかりウェーブがかかった細めの麺、カンスイの香りも昭和の味である。茹で加減は若干柔め、でもコシも残っている。つるつると喉越し良くてこれでよい。

そして肝心のとんかつである。サクっと噛み切ると、ラードの香りが、、山田さんところもそうだった。豚肉はロースらしいが殆ど脂はない。そして不思議ないことに、こばやしさんのとんかつも衣が薄いのに最後までとんかつの形を崩さない。

醤油ラーメンととんかつ、見事なマリアージュでありました。

でもね、メニューのとんかつラーメンを注文すると醤油がデフォなんですけどね、、実は味噌ラーメンもメニューにはある訳なんです。 どんな味噌ラーメンかはわかりませんが、次回は味噌ラーメンにとんかつを乗せて貰えるかお願いしてみたいな。

創業50年、僕がおぎゃーとこの世に生まれた頃、こばやしのおとうさんは既にラーメンを拵えてたんですね、、そしてもしかしたら、もしかしたら、、山田のおとうさんもこちらのとんかつラーメンを食べたことがあったりして、、いろいろ考えていると実に感慨深いのでありました。

b0156734_16262112.jpeg
ご馳走さまでした。

そして、この店主のお店とお客さんに対する愛情がまた素晴らしいのです。


b0156734_16273215.jpeg


また来ます!

b0156734_16275484.jpeg


by gindama_pistol | 2015-10-06 15:50 | 食い道楽(外) | Trackback | Comments(3)
パパパパ


パパー!



って、違うがな、、、


いやね、昨日仕事で西荻窪に行ったんですよ、、、
丁度昼時で、なんか食べたいなぁと駅の周り歩いてたらね。

b0156734_19204580.jpg

なんだこの店は?パイナップル?パイン?パイン屋?

b0156734_19212283.jpg

パパパパパイン???

ラーメン!?、、暑さで頭がくらくらしていたので、最初理解出来ず、、、


外に出てる券売機の前で腕を組むワテ。

b0156734_19231694.jpg

その1分後には千円札を挿入、、パイナップル海老塩ラーメンとチャーシュー1個のボタンをポチリ。

b0156734_19254232.jpg

怪しい、実に怪しい、、、


カウンターに座ると、、テーブルがパイン。
b0156734_19264257.jpg
箸入れもパイン、、、
b0156734_19271498.jpg

なんだかワクワクしてきちゃったぞ、おぢさん。




じゃじゃじゃん!

b0156734_19313103.jpg

これがパパパパパインか!

まずはスープを、、、爽やか!でいて、海老の出汁が効いてコクがあり旨いやないか。スープの1/4がパインらしいけど、パインは前に出てこない、裏方さんである。

麺も旨い、チャーシューも分厚くて柔らかい、芯まで味が染みてるぞ。

カットパインが数個入ってるんだけど、それがなんだか良いアクセントになってる。

ホンキで旨いじゃないか!

b0156734_19355598.jpg

いつも健康を気遣うおぢさんはここまでスープは飲まないのだ。

いやー、パパパパパイン最高!!!

で、後でググってみたら、なんとカップ麺まであった有名店やないですか!※今は販売されてません。

b0156734_19415712.jpg

おぢさんは知らなかったよ。


あとね、もうひとつ気になる店があるんです。

b0156734_19414122.jpg


ミッ、、まで出掛かったんですが、結局これにしたんです。
b0156734_19425557.jpg

世の中って楽しいですね。



by gindama_pistol | 2015-08-06 19:17 | 食い道楽(外) | Trackback | Comments(5)
ぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼ

ぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼ、、、はぁはぁ、、、



ぼぼ、、



ぼくはおにぎりが好きなんだな!


そんなワケで最近は飲んだ〆にラーメンというより、おにぎりに味噌汁、、なんてのが理想でありまして。

浅草あたりで飲んだ〆はこの純白の暖簾をくぐるのです。

b0156734_19332154.jpg

浅草宿六さんはなんと創業昭和29年、老舗のおにぎり屋さんであります。数年前にリニューアルしたんですが、新しくなっても昔の風情を残した趣き。


ミラノ万博にも出展とは、、、
b0156734_17094610.jpg



お品書きもおにぎりの具のみという潔さ。
b0156734_19364313.jpg


ショーケースには迷ってしまうネタがずらり。

b0156734_19382753.jpg

b0156734_19384328.jpg

お寿司屋さんのように注文すれば目の前で握ってくれるんです。



b0156734_19403522.jpg

いや〜、本当に美味しい銀シャリ、そして焼き海苔。

ホントはふたつにしとこうと決めてたんですけどね、ついついみっつも頂きました。

ここんちは味噌汁も美味しくてこの日はシジミの赤だしを頂いたんですが、お代わりしてしまいそうになりました。

因みに渋谷にはおにぎりパブってのがあるんですけどね、、そのハナシはまた今度ね。

ばいなら。




by gindama_pistol | 2015-07-27 19:27 | 食い道楽(外) | Trackback | Comments(0)
隠れた平間名物

最近ね、ガス橋にテナガ釣り行くとひとつ楽しみがあるんです、、釣りの帰り道、ほんの少し遠回りして。


b0156734_12353147.jpg

この平間駅に続く商店街に入ってテクテク歩くと。


目的地に到着♪
b0156734_12365988.jpg

鶏友さん、鶏肉専門店でお弁当なんかもある。

他の商品には目もくれず、僕の目的はただ一つ、カブト一つ 450円也。カブト言うても鶏肉屋さんなので、うなぎのカブトでは無いのだ。

b0156734_15211654.jpg

鶏のカブト?



それはズバリなのか、はたまた、、、





これがカブトだ♪

b0156734_12421435.jpg

なーんだ、丸ごとのローストチキンやん、、、なんて思われると思いますが、このカブトには足がないのだ、、ノーレッグス。

誰もが若い時は鶏のモモが大好きな筈、僕も同じく鶏のモモはジョジ後藤のモモと同じく大好物でありました。

でもね、40も過ぎた頃からモモの脂がしつこく感じ始めてね、、今では好んで食べなくなったもんだ。

そう思うとこのカブトは理想的なローストチキンなのであります。


こうしてお皿に並べると。

b0156734_12493582.jpg


充分に2人で楽しめるのだ。しかも味付けがこれまたよろしい。

これぞ私的平間名物カブトである。


カブトを買うついでにテナガエビを釣りに行かねば、、なのだ。



by gindama_pistol | 2015-06-29 12:33 | 食い道楽(外) | Trackback | Comments(2)
カンガルーをカンガエルー

ベタなタイトルですみません、、毎度ですが、ベタだったり内容に全く関係のないタイトルを付けてしまいます。

さあ、いくよ。

b0156734_17024540.jpg
シェフがなんやら赤い肉の塊を切り分けております。

もう最初っから飛ばすよ。飛びます飛びます。

b0156734_17061379.jpg

この美味しそうな赤身、一体なんの肉?すみません、タイトルまんまでしたわ。カンガルーちゃんのヒレ肉の燻製、宮崎醤油とからし菜のサラダ仕立であります。今までカンガルーは何度か食べたけど、優秀な料理人が焼くとカンガルーのポテンシャルが一気に上がります。肉自体はかなり淡白で油分が殆ど無い為、幾らでも食べられます。ただこの時点では肉を食ってるって満足感は今ひとつだったのも正直なところ。まぁ前菜として考えれば丁度良い。

さぁ、これはなんだ、、、
b0156734_17112257.jpg
ワニ肉(クロコダイル)のイタリアンフリット、フルーツトマトのアグロドルチェですって、、アグロドルチェなんて知らんしシェフの受け売りです。

ワニってよく食べた人の感想で鶏肉みたいとか、魚と鶏肉の間みたい、、とか言われてますが、、僕が感じたのは目を閉じて食べたらほぼ魚に近いです。一番近い魚種はなんだろうと考えてみたら、、、そう、、鮟鱇です。食感も含めると河豚にも似てます。やはりこちらもあっさり淡白、、こういうのは一度一夜干しにしてみたくなる、、そう、干し道楽の血が騒ぐのだ◎

そして次なるプレートが運ばれてきた。
b0156734_17211409.jpg

カンガルーのランプ肉でサムギョプサル。
b0156734_17215857.jpg
左上から時計回りで山葵、胡麻油、柚子胡椒、オリーブカレー、四種の創作ソースで頂くのだ。

ここでカンガルーの本領発揮!ランプ旨い!やはり部位によって味わい深さが違う。しかもカンガルーはリノール酸が牛肉に比べ5倍、カロリーも3分の1とヘルシーさで言えば他を圧倒してるんです。なのでアスリートにもってこいなタンパク源なのであります。凄いぞ、カンガルー!ぴょんぴょん。

まだまだ続くよカンガルー。ぴょん。
b0156734_17301307.jpg
カンガルーロースト、トリュフマスタード添え。

このトリュフソースも良く合うし、カンガルーに合わせたソースを考えるのも楽しそう。いちぢく、いちご、又は柑橘系のソースもいいだろうな、、ちょっと真鴨っぽいところもあるし。

で、写真の右側に写ってるこれ。
b0156734_17454365.jpg
みなさん、なんやと思います?

半分に切ってみた。
b0156734_17462869.jpg
断面もきめ細かく、これが何なのか想像もつかないよ。

一切れを口に放り込み噛みしめてみるとじわっとぼんじり的な脂を感じる。そしてほんのかすかにレバ的というか鼻から抜ける香りがある。

むむん。

ワニのタンですって、奥さん!(照)

そっか、ワニの舌とは想像もつかなかった、、同席した参加者からは絶賛の嵐。それにしてもあの大きなクロコダイルからとれるのはたった一つ、貴重な部位であります。


もうこの時点でお腹の中はリアルオージー、ワニとカンガルーでパンパンです。

それでもまだ〆があるよ。
b0156734_17531576.jpg

カンガルーひき肉のボロネーゼ、自家製タリオリーニ。癖がないので普通に美味しい。タリオリーニとの相性もかなり良い。

そんなこんなでひと通りカンガルーを味わってふと湧いた疑問、、やっぱりカンガルーにも旬というのがあるのだろうか、、、オーストラリアもはっきりとした四季があるのできっとあるに違いない、、カンガルーの旬、ジビエらしく冬なのか、、もしくは初カンガルーに戻りカンガルーとか?(笑) そんな事を考えるのもまた楽しい。

いや〜、渋谷の真ん中(SHIBUYA bed)でこれだけカンガルーとワニにまみれるとは思わなかった。

まぁ、好き好んでザリガニとかナマズとかは食べたりしてますけどね、、今回はちょいと違うんです。

b0156734_17581561.jpg

友人に招待されて伺ったんですが、オーストラリア大使館の方やバセルさんというルーミートを販売されている会社が行った「いかにカンガルー、ワニを美味しく食べて、広めていかれるか」という趣旨の試食会だったという訳でした。

そんなわけでカンガルーもワニも文句無し旨い!

問題はカンガルーの可愛さとクロコダイルの恐竜的イメージをいかに払拭するかがカギである◎



by gindama_pistol | 2015-04-08 17:00 | 食い道楽(外) | Trackback | Comments(1)


最新のコメント
*ごりさん 同じ日に行..
by gindama_pistol at 16:49
残念 私も同じ日に釣っ..
by ごりさん at 15:50
*H.O.さん そんな..
by gindama_pistol at 11:53
わ~~~~っ、モズク→モ..
by H.O. at 20:13
*H.O.さん またま..
by gindama_pistol at 18:24
ホントに相模川再戦された..
by H.O. at 16:44
*ごりさん あまりにも..
by gindama_pistol at 10:30
*ピケさん 読めないで..
by gindama_pistol at 10:28
私も二度ほど行きました。..
by ごりさん at 09:18
ほんとにハゼちゃんって気..
by ピケ at 19:00
*H.O.さん 初相模..
by gindama_pistol at 15:43
相模川行かれてたんですね..
by H.O. at 15:23
*slow-handさん..
by gindama_pistol at 13:40
++LINKS++
検索
ブログパーツ
ライフログ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧