あんなことやこんなこと。ゆるゆるポンコツ雑記帳です。ごく希にですが真面目な事を書いてみたりみなかったり、、どっちやねん。

by 銀玉
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
以前の記事
カテゴリ:釣り道具道楽( 81 )
ゴホン!

といえば、、、なんですけどね、、龍角散。

b0156734_13144496.jpg

ゴホン!と云わずとも暇さえあれば飲んでね。

早く空にしたかったんです。

b0156734_13153763.jpg
この質感が好き。

b0156734_13155419.jpg
とりあえずシモリ浮きを格納してみました。

b0156734_13160494.jpg

以上。

by gindama_pistol | 2016-10-19 13:02 | 釣り道具道楽 | Trackback | Comments(0)
イソメに優しく

普段、釣り場には気分によって市場かごかトートバッグに釣具その他もろもろ入れとして持って行っています。

基本的にミニマムが原則で荷物はなるべく少なくしているつもりです。ただテナガエビシーズンは必然的に小さいとは云えクーラーも加わるので市場かごもトートバッグも余裕が無くなります。

それがハゼシーズンになると最近は小さなバッカンと魚籠で用は足りるのでクーラー分のスペースが空きます。

でね、以前から思っていたんですけど、エサ(アオイソメ)を買うと大抵プラケースに入れた状態ですよね、、、これが釣り場では意外に厄介というか面倒でね、、ましてホチキス留めなら尚更です。釣りしている間、幾度となくある餌の補充、、その度にレジ袋から取り出し、その時に元気なイソメが飛び出したりしててね、、、そしてまたレジ袋に入れて蓋が開かない用に重しを上に置いて日陰に保存、、、

既にそうしてるって方も大勢いらっしゃると思いますが、釣り場で使う木製の餌箱を使う事にしました。

お気に入りで使い易い“伊吉の餌箱”。
b0156734_11395100.jpg
これには丁度良い長さに切ったイソメを入れてます。そして首から下げてせっかちな僕はちょいちょい移動しながら釣るのです。

今回買ったのはこの木製餌箱です。
b0156734_11445659.jpg
今までイソメ達は窮屈で通気性のないプラケースで出番を待っていましたが、これからは通気性良く居心地のよい環境で出番を待つことになります◎

そして僕はあのプラケースの煩わしさから解放されるのです◎

木製餌箱は安いと作りが悪かったり、本格的なのは高価で躊躇ってしまいます。しかしこの箱匠の餌箱、作りが良い、大きさ過ぎず小さ過ぎず丁度良い。しかも値段も600円と懐にカインドリー♪

これからは餌買うときはこの餌箱に直接入れて貰う事でほんの少しだけどゴミも減ります。

なんでもっと早く気付かなかったのか、、、

実はこんな餌箱も持ってるんですが最近はなかなか出番がありません、、、




by gindama_pistol | 2016-10-12 11:13 | 釣り道具道楽 | Trackback | Comments(2)
マメ3号バージョンアップの巻

先日、エビハゼ投入口を取り付けたマメ3号

b0156734_10544765.jpeg

問題はこの蓋部分なのです。

b0156734_10553380.jpeg
せっかく発砲ウレタンまで注入して保温効果をはかったものの、この蓋から冷気が逃げるし外気もクーラー内に伝わってしまう、、あかんがな。

そんなわけで、、、

b0156734_10580360.jpeg
硬質スポンジを接着します、、、また雑になってしもた。

b0156734_10594661.jpeg
そこに使わなくなった保冷バッグを切り取りびちゃっと接着。


これで随分と改善されると思います。

そしてこれ。
b0156734_11021954.jpeg
このクリアコードキャッチなるモノ。

b0156734_11032184.jpeg
クーラー内の4隅に貼っつけるだけ。


マメ2号で使っていた保冷用の内蓋がきっちり収まるのでありました。
b0156734_11060005.jpeg


スムーズに開きますよ〜♪



あとは竹尺ステッカーを貼ればきっと完成♪



by gindama_pistol | 2016-09-09 10:52 | 釣り道具道楽 | Trackback | Comments(0)
マメ3号誕生の巻♪

ここの所、テナガエビやハゼ釣りでずっと愛用しているマメ2号
b0156734_15545979.jpg
出来上がった時は満足していたんですが、実は仕上がりの汚さやらブクブク用の穴の位置など色々不満もあったのです、、、蓋もウレタンで膨れてるし(笑)


そこで最近手に入れたiglooのlegend6で2016年版のマメ3号の制作に取りかかりました。
b0156734_15463029.jpeg
フォルムが良いんですよねぇ、、あと持ち手が上手く収まるデザインも好き♡


で、今回拘ったのは月島の御大も使っているワンタッチタイプのフタであります。
b0156734_15465301.jpeg
ワンプッシュでもたつかない!、、実はずっと憧れていたんです、、、


そんなわけで今回は仕上がりを出来るだけ美しくを目標に、、、
b0156734_15471114.jpeg
前回は熱したカッターでくり抜いたんですが、今回はホビー用のノコギリで丁寧に丁寧に時間を掛けて、、、


それでもねぇ、、、
b0156734_15474238.jpeg
どうしても斜めになったり、ギザギザになったり難しいのです。


サンドペーパーで少しでも美しく、、、
b0156734_15472520.jpeg


このクーラーボックスの唯一の弱点は蓋だけウレタンフォームが入っていないのです。なので発泡ウレタンをみっちり隅々まで注入するのです。
b0156734_15481274.jpeg

カッターナイフで余分なウレタンを削り、サンドペーパーで仕上げます。
b0156734_15480118.jpeg


最終的にはパテを塗り込み、ペンキを塗って仕上げました。
b0156734_15483710.jpeg
なんとか許せますかね、、、これが限界でした(笑)


ワンタッチフタには超強力両面テープです。
b0156734_15485350.jpeg

ガッチリ留まりました♪
b0156734_15490468.jpeg
オレンジ色のとこがシリコンバネなんですが、錆びないのが良いですね。


じゃじゃん!
b0156734_15492703.jpeg
出来上がり〜♪


ワンタッチ、、、良い!!!
b0156734_15494022.jpeg

そしてホースが邪魔にならないようにブク穴はサイドに開けました。
b0156734_15495641.jpeg

マメ2号とマメ3号の記念撮影なのだ。
b0156734_15501690.jpeg
こうして並べると分かり易いのですが、テイク6に比べて少し大きいのです。

これで完成ではないマメ3号、まだあれとあれをしないとです。楽しいなぁ、、、♪



by gindama_pistol | 2016-09-01 16:13 | 釣り道具道楽 | Trackback | Comments(6)
プロペラに想いを馳せて

昨日ね、こんなプロペラを手に入れたんです。

b0156734_11551528.jpeg

材料はあるんですけどね、、、拵える時間がなくて。。

b0156734_12020981.jpeg

明日はこのトップターンを持って故郷の川へ。

プロペラぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんと回したんねん。


by gindama_pistol | 2016-07-22 11:53 | 釣り道具道楽 | Trackback | Comments(0)
ナカジマの初代ペンタッチ手巻リール

今年の1月に下町の大御大BANE師匠の和竿に装着されていたのを見て以来、サイドマウントリールの魅力に取り憑かれてしまっています(笑)

前にも書いたのですが、その頃はサイドマウントリールという名前すら知らなかったのでネットでの検索も情報が乏しく、ようやっと行き着いたのがこの画像でした。

b0156734_11485777.jpeg
袋に入った状態で画像も粗くて判断しがたいのですが、これはきっとBANE御大の持っているプラスチックバージョンではないかと。また画像から得られる情報は他にNAKAJIMA ペンタッチ手巻リールのワードだけです。

その「NAKAJIMA ペンタッチ手巻リール」で検索すると出てくる画像はこの現行バージョンのプラスチックリールばかり。

b0156734_11544969.jpeg

そして執念の4ヶ月を隔ててようやくこのリールを手に入れたり、最近ではHさんにこのテンダー社のリールを譲って頂けたり、、、強く願えば叶うもんだなとしみじみ思っておりました。

そしたらね、先週の事ですBANE御大から着信があり、釣りのお誘いかと出てみれば、この僕のブログに出ているリールを持ってるかも、、って仰るじゃないですか、、どうやらナカジマの初代ペンタッチ手巻リールの事らしいのです。

もうね、人様のモノでも見てみたい触ってみたいのですよ。なんたってサイドマウントリールに取り憑かれてますから。

そんなわけで、一昨日の日曜日、大林酒場でほろ酔い気分の僕は気が大きくなって御大に電話しましたよ。

御大が電話に出るや否やこう言ってやりましたとも。ペンタッチリールともう一回じっくり見たいからあの金属のリールを今から持ってきなさい!浅草寺の裏で待ってる!ガチャン!、、、すみません、畏れおおくて言えますかいな。

そんなこんなで10分後、チャリで現れたBANEさん。

近場の酒場で密会であります。


じゃじゃじゃん!
b0156734_12131605.jpeg
思っていた「B.U ROACH」のプラスチックバージョンとは違いました。やはりハンドルの形状から見てもナカジマの初代ペンタッチ手巻リールに間違いなさそうです。勝手に初代とさせて頂きましたが、現行のペンタッチリール以前のモノには間違いありません。形状はサイズも含めテンダー社のエリプスリールに似ています。違いはスプールをロックする際、テンダー社のはハンドルつまみを押す方法ですが、ペンタッチの方はハンドルつまみをスライドさせてロックをします。あとテンダー社のものとくらべ台座が短いのでリールシートに固定することも出来ますね。

そして僕がサイドマウントリールに取り憑かれた引金となったリールもじっくり拝見させて貰いました。

b0156734_12234842.jpeg
ハンドルの形状こそ違いますが、B.U ROACHをコピーしたモノのようです。またB.U ROACHと比べて金属の厚さが薄いです。それだけ軽量ということになります。おそらくB.U ROACHの図面を元に製造された日本製じゃないでしょうか。

b0156734_12290609.jpeg
それにしてもBANEさんもよく見つけてきたものです、、しかもそれを買うとは、、僕に負けず劣らずのヘン◯イだと断言出来るのであります(笑)

そしてまた、この日記を見た月島の御大は悔しさと羨ましさの葛藤で今宵はシーツの端を噛みちぎっている事でしょう。



by gindama_pistol | 2016-05-31 12:30 | 釣り道具道楽 | Trackback | Comments(2)
玉の話ばかりですみません

下町の古い釣り具屋で埃をかぶっていた玉ウキ、、1ヶ20円也,

b0156734_11341076.jpeg
なんて可愛らしいのだろう、、木の玉ウキに続き嬉しい出会いなのだ。


嬉し可愛らしい出逢いと云えば鎌倉で見つけたこちらの3兄弟。
b0156734_11390812.jpeg
これ、爪楊枝なんですけど勿体なくて使えません。基本的に丸くて可愛らしいものに惹かれます。


b0156734_11403577.jpeg

とりあえずこんな事して遊んだりしております。



by gindama_pistol | 2016-05-25 11:32 | 釣り道具道楽 | Trackback | Comments(0)
テンダー社のエリプスリール

先日、サイドマウントリールのあれこれを書きましたが、その時にテンダービクで有名なテンダー商事(以下、テンダー社)が昔作っていた楕円リールのことにも触れました。

すると下町釣友のHさんから思いもよらないニュースが飛び込んできました、、、あのテンダー社のリールを見つけたと!しかもデッドストックで2つもあると!


んんん〜〜〜〜〜〜!


ビッグサプライズ!


そしてその一つを僕に譲ってくれると言うじゃないですか!そこの奥さん!(喜)

そんな訳で僕のところへテンダー社のエリプスリールがやって参りました、、それはもうビッグプレゼントであります!

これがその実物であります。
b0156734_12533992.jpeg

当時はチープなリールでしたが、いまではお金で買えない価値があります。

b0156734_12550415.jpeg
このハンドルがストッパーの役目も果たします。


こうして押し込む事でスプールがロックします。
b0156734_12565433.jpeg


EllipseReelとエンボス印字されています。
b0156734_22495156.jpeg
そっか、エリプス=楕円ですね。納得しました。


テンダー社謹製の証し。
b0156734_22511879.jpeg



b0156734_22510485.jpeg
MADE IN JAPAN、、いいですねぇ、、、


b0156734_13031085.jpeg
しかも真ん中の主軸を押しながら90度回転させるとスプールが外れます。シンプルだけど拘りがあります。

こちらは付属のガイドです。
b0156734_13052281.jpeg

取扱い説明書と取付要領です。

b0156734_13071905.jpeg

b0156734_13073858.jpeg
クリックで大きくなります。


またまた、私的お宝が増えました、、、ただ唯一の悩ましいところが、これ意外に大きいのです。台座の長さが約15センチもあります。到底リールシートへの取付けは不可能であります。かと言ってこのリールの為に中通しのハゼ竿の杭を取っ払うのは本末転倒であります、、前回やってしまいましたが、、、(笑)

暫くは晩酌のお供として眺め倒してやろうという所存であります。

下町釣友のHさん、本当にありがとうございました!


【2016.6.7 追記】
こちら11PMでお馴染みだった服部義郎さんの釣具集大成であります。

b0156734_11055907.jpeg
2011年1月初版に出版され、服部名人はその年の8月にお亡くなりになりました。

そんな服部名人が最後に残された書籍の内容は日本の釣り歴史そのものです。

その中で紹介されているエリプスリールを発見。
b0156734_11095661.jpeg

こちらワカサギロッドについて紹介されている別ページにも。
b0156734_11110288.jpeg
服部名人にとってもどうやら思い入れのあるリールだったようです。




by gindama_pistol | 2016-05-23 12:43 | 釣り道具道楽 | Trackback | Comments(0)
昭和の玉浮き

今年のテナガ釣りは玉浮きを使う事にしたと書きましたが、ちょろっとお邪魔した根津の竿富さんのショーケースで可愛らしい玉浮きを見つけました。

b0156734_10024451.jpeg

まだまだこんな木の玉ウキが残っているものですねぇ♪

木の玉ウキは使った事がありませんが、セルロイドなんかの玉浮きに比べて比重が大きいですからその分軽い錘で済むのかな、、、

何れにせよこんな浮きがテナガエビ釣りには合うような気がします、、てか、自分的に(笑)

今週末は行けるかな♪



by gindama_pistol | 2016-05-19 09:50 | 釣り道具道楽 | Trackback | Comments(2)
装着完了◎

先だってやってきた珍品サイドマウントリール

どの竿にどのように装着しようかと悩みに悩んでようやく決めました。


b0156734_10143270.jpeg

竿よしの9尺三本継にビスで直付、、、やっぱり本来の装着方法が良いと思いました。実はこの竿、糸巻き杭が一本折れてしまっていたのです。それにしてもかなり勇気が必要だったのは言うまではありません。竿よしさんごめんなさいと心の中で謝りながら、残った杭を切り落とし、、、竹に亀裂が出来ないように慎重にビスを打つ。竿とリール座の間にはウレタンシートを挟みました。

継ないで持ったバランスも悪くない。

早くこの竿でハゼを釣りたいのだ。まずはデキハゼシーズンに月島あたりで使ってみたいです。もちろん羨ましげに横目で見るあの御大の隣で、、うふふ。



by gindama_pistol | 2016-05-03 10:11 | 釣り道具道楽 | Trackback | Comments(0)


最新のコメント
遅なったけど・・・誕生日..
by VIVA at 23:22
*のれそれさん ありが..
by gindama_pistol at 17:38
こんばんは。 これ..
by のれそれ at 22:47
*ピケさん ありがとう..
by gindama_pistol at 13:39
ハピ・バスデー・チュー・..
by ピケ at 18:54
*きのこ三十朗さん 今..
by gindama_pistol at 11:47
羨ましいにも程がある! ..
by きのこ三十郎 at 13:25
*なおPさん ありがと..
by gindama_pistol at 12:02
おめでとう!(^^)ノ
by なおP at 20:34
*れーこさん 基本シャ..
by gindama_pistol at 11:55
*きのこ三十郎さん き..
by gindama_pistol at 11:54
シャープな顔立ちが好きな..
by れーこ at 01:13
藤圭子さんと黒木メイサさ..
by きのこ三十郎 at 17:33
++LINKS++
検索
ライフログ
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧