あんなことやこんなこと。ゆるゆるポンコツ雑記帳です。ごく希にですが真面目な事を書いてみたりみなかったり、、どっちやねん。

by 銀玉
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
カテゴリ:モノ( 110 )
かんしゃく玉が湿気る季節になりました。

かんしゃく野郎のナイトパトロールに欠かせないのはかんしゃく玉である。

b0156734_13180216.jpeg
クラッカーを含めるとまだまだストックはある。

この季節、かんしゃく野郎は頭を悩ます、、いかに湿気を避けてコンディションを保つかである。ここぞと言う時に景気良くパン!と鳴らないと悪いやつは退治できないのだ。

あと最近は物騒な世の中です、、かんしゃく玉では爺さんか子供がびっくりする位です、、、


そんな訳で新兵器を闇ルートから入手したのであります。


b0156734_13245626.jpeg
2B弾であります。

昭和41年にその危険性から製造が中止になりました。そう、2B弾が姿を消して僕が生まれたのです。そして半世紀が経ちました。関係ないですが、中野ブロードウェイも今年で50周年であります。

b0156734_13300291.jpeg
パッケージが実にカッコ良い。ニッポン列島がまた良い。

b0156734_13314450.jpeg

b0156734_13315749.jpeg
三河花火 INATOKUとある。これは花火業者稲徳花火の稲垣徳雄さんが開発したからなのであります。


b0156734_13354394.jpeg
通産省もよく許可したもんだが、いろんな意味でゆるい時代だったのだ。

b0156734_13382280.jpeg

b0156734_13385185.jpeg

発火剤もかろうじて残っている。経年から見ても状態は悪くない。

b0156734_13402063.jpeg
貴重なストックはまだこれだけあるのだ。

右のポッケにかんしゃく玉、左のポッケに2B弾を忍ばせ、心に花束なのであります。



by gindama_pistol | 2016-06-21 12:50 | モノ | Trackback | Comments(0)
これがほんまの誕生日プレゼント◎

b0156734_11265586.jpeg

以前、VANSに関して熱く語った事がありました。

そう、VANSとボクは1966年3月16日に生誕したのであります。そんな訳で単純にボクはVANSに対して並々ならぬ想いがあるのです。

じつに地味に50歳の誕生日を迎えたボクなんですが、、VANSさんは50周年を盛大に祝い、アニバーサリーモデルも沢山発売されました。

そんな中、狙いを定めたのはこのERAと呼ばれるモデルです。

b0156734_11361751.jpeg
このカラーコンビは1978年当時、BMXの代表的なファクトリーチーム「TEAM MONGOOSE」のカラーだったのです。

当時、MONGOOSEに乗っていたボクは当然このカラーリングのERAを履いておりました。

そんなわけで、誕生日はとっくに過ぎてしまいましたが、自分への誕生日プレゼントにこのVANSを選んだという事です◎

b0156734_11495870.jpeg

おめでとうVANS&ボク!

b0156734_11512860.jpeg
50歳万歳!!!



by gindama_pistol | 2016-05-16 11:26 | モノ | Trackback | Comments(0)
ゆで卵しか作れない私だけど

昔々、実家にあった東芝のゆで卵器、、さすがにもう無いけど丈夫な昭和家電のひとつでした。

そんな懐かしのゆで卵器を意外な所で発見→即買い!


b0156734_18275955.jpeg

なんてかわいいんだ!ゆで卵しか作れないくせに!


実はここでは敢えて公表してなかったのだけど、blogをもうひとつ持っているんです。滅多に更新しないしたまにこのblogと被ってたりしてるんです、、デジャヴ的な(笑)

今回はそっちの方でゆで卵器に対して思いの丈をぶつけています。


言っときますけどガラクタばかりを載せてるだけのblogです、、すみません。





by gindama_pistol | 2016-04-07 18:23 | モノ | Trackback | Comments(0)
アナログのココロ

デジカメというのはホントに便利で、誰でも簡単に写すことが出来るキカイであります。しかもフィルム代も現像代もかからず、その場で見られる。

ま、今では当たり前のことですけど、フィルム世代で育った身としては、それが逆に味気なく感ずることもある。

そんなこんなで久しぶりにこんなモノを大事なもん入れから出してきた。

Zero Image社「ZERO2000」
b0156734_11142711.jpeg
これぞ、アナログの中のアナログ、ピンホールカメラです。

裏側はこんな感じ。
b0156734_11165135.jpeg


この小さな窓を見て、フィルムに記載された番号でいま何枚目かを確認する。
b0156734_11172961.jpeg


シャッターレリーズを装着して。
b0156734_11185170.jpeg


殆ど勘でシャッターを解放するのです。
b0156734_11193466.jpeg

そして12枚撮り終えたら現像に出す。出来上がるまでどんな写真が撮れているかわからない、、だってファインダーさえ無いのだから。でもわくわくするんです。


これらはこのピンホールカメラで撮ったものです。

b0156734_11210352.jpeg

b0156734_11235326.jpeg

b0156734_11240747.jpeg

b0156734_11241971.jpeg

b0156734_11283332.jpeg

b0156734_11291266.jpeg

こんな雰囲気の写真はいまの技術をもってやると簡単にできるし、スマホやデジカメ自体にフィルター機能や、モード選択で容易く出来ちゃったりする。でもそれは撮り手が意図的に狙って行なうわけです。

でもピンホールカメラでは狙い通りに写る時もあるし、まるで想像もつかない写りだったりする。そして後者の方が新鮮な驚きだったり、好きな写真だったりする。勿論失敗作も大量に生産されるのは仕方ない(笑)

そんなわけで久しぶりにスローな写真を楽しみたいと思うゲイジツの秋(既に冬)

ちゃんちゃん



by gindama_pistol | 2015-12-02 11:07 | モノ | Trackback | Comments(2)
旧ペアングとの再会

ペヤングの再発から早3ヶ月、コンビニにペヤングがある風景がもはや当たり前のようになりました。

でもね、欲求とお腹は満たされても、やはりあのパッケージ変更は未だにいただけないので御座います。

しかも、プロペラ浮きも旧ペヤングの容器がないと拵える気にもならないしね、、そんな事を嘆いてましたらね、、ワカさんからステキなプレゼント◎



旧ペヤング!(中身入り)

b0156734_21003245.jpg

久しぶりにお会いした旧ペヤングはやはり存在感が違う!

b0156734_21013403.jpg

もちろん美味しく頂きにました♪

再会が嬉しくてじっくりねっとり観察。

b0156734_21024262.jpg

この3つの湯切り口を開けるもどかしさ(深爪)も、今となっては懐かしい。

b0156734_21041474.jpg

この立体感が良かったなぁ、、、

b0156734_21044064.jpg

個人的にはこの底のギザギザも好き、、これ多分持った時に手のひらに伝わる熱さを軽減するのと、滑り止めの効果を狙ってるんでしょうね。まさに機能美。


b0156734_21050358.jpg

そして、プロペラ浮きの羽根に最適と云われているペヤングロゴ部分。これが欲しかったのだ!


そんな旧ペヤングを愛でた後、再発後の新ペヤングを改めて見てみよう。

b0156734_21115383.jpg

一言で言うと、だまし絵ですな。まぁ良くは出来ていると思う。

b0156734_21131888.jpg

がしかし、横から見るとなぁ、、、ちゃちいぜ!ペヤング!


しかも脱皮すると、、、

b0156734_21144641.jpg

あ、あ、あ、味気ない、、、容器もつるんつるん、、、

まぁいいんです、ペヤング食べれるだけ幸せです。改めてありがとう、まるか食品さん。


by gindama_pistol | 2015-09-01 20:54 | モノ | Trackback | Comments(0)
タコですよね

手ぬぐいって何枚あっても気に入った絵柄に出会うと欲しくなるんです

そう、人はそれを手ぬぐい道楽と云う。

まぁ知らんけどな。


そんなワケでお気に入りの手ぬぐいを披露しようそうしよう。


b0156734_10531595.jpg

これは使用頻度が高いタコの
手ぬぐい。波線の中に飄々としたタコ、、好きです。


b0156734_10561794.jpg

これは一見してわかり難いのですがアリジゴクが2匹のアリを待ち構えている図。


b0156734_10575412.jpg

ダメおやじ的なタコ、何故かシルクハットに蝶ネクタイ、、そして頭上と足元に何かが電波を飛ばして飛んでいる。この図柄に秘められたメッセージの謎、、それを考えると眠れなくなるんです、、毛が一本生えてるし。



b0156734_11014250.jpg

そしてリアルな16匹のタコ。渋めの一枚です。


b0156734_11030055.jpg

こちらもリアル系のタコ、タコって茹でない限り赤くはならないのに、なんで赤いイメージなんやろね。



b0156734_11042991.jpg

ずばり餅!いいねぇ〜、構図といい、色使いといい、、餅が活きている。



b0156734_11060223.jpg

そして番外的ではあるが、言わずと知れたメイトーのホームランバーの手ぬぐい。いつまでも少年の心を持ち続ける為の必需品であります。


そんなこんなでお気に入りの7枚の手ぬぐい、、その中の4枚がタコ、、、しかも改めてこのblogをタコでタグ検索するとタコが多い多い、、、



やっぱ、タコですよね(きっぱり)



by gindama_pistol | 2015-08-26 08:49 | モノ | Trackback | Comments(3)
ういろう売ってくれました

まぁ、わりかし有名なんで何をいまさらって言われそうですけど。

酒匂川へテナガエビ釣りに行った時にね、小田原で有名なういろう屋さんへういろう買いに行ったんです。

b0156734_15131748.jpg

でも、ここのういろうはハードルが高くてね、対面式で売ってくれへん時もあるんです。

ちょっとドキドキしながら、ういろう、、三千円のひとつくださいと、お店のおっちゃんに言うたんですよ。

意外や意外、、すんなりと売ってくれました。

b0156734_15162371.jpg
これ、ういろう。

ちっさいでしょ。

中身はこんな、、、、
b0156734_15171827.jpg
銀玉(照)

これ、ういろうでっか!?

はい、れっきとしたういろうなんです。

この匂いも仁丹に似ている銀玉(照)、仁丹の3倍位大きいかな。


飲み方はこんな感じ。
b0156734_15194318.jpg

効能はこんな感じ。
b0156734_15202318.jpg

まさに万能薬ですがな。


そんなこんなで、ういろう専用の印籠も手に入れ。

b0156734_15210549.jpg


優雅な••••いんろう容器は、あか、ねずみ、ピンク、くろ、4色展開です。

b0156734_15254092.jpg

子供の頃からねずみ男と呼ばれ続けてますから、迷わずねずみにしました。

b0156734_15281737.jpg

スタイリッシュ印籠!

b0156734_15284631.jpg

この穴から銀玉(照)が飛び出します。



b0156734_15295706.jpg

お菓子のういろう、薬のういろう、両方とも売ってます。




変なの。



by gindama_pistol | 2015-07-12 15:10 | モノ | Trackback | Comments(4)
1983 東京

今から32年前、1983年、バブル景気に向かって東京は元気で熱かった。世界的に見てもヒップホップやグラフィティー等、ストリートから生まれた文化やアートが認められ始めたのも80年代初頭の事である。

当時僕は17才、多感な時代に触れたものに影響されまくり、、当たり前のように東京に憧れていた。そして18歳で上京して真っ先に見に行ったのがキラー通り(今でも通じるのかな)にあったON SUNDAYSというポストカードなんかを売るお店である。目的はお店というよりその建物である、その前年にキース•ヘリングが来日、建物の二階壁面に大きな作品を残したのです。それを一目見たくて青山通りからキラー通りをずんずん歩いたのである。その後、ON SUNDAYSとギャラリーワタリが一緒になり、向かいにワタリウム美術館が出来たんだけど、32年経った今もその建物(ON SUNDAYS)がある。

b0156734_17395953.jpg
当時はもっとカラフルだったと記憶するが、今は随分と薄れてしまっている。でも時代は1983年で止まったままである。

いつの頃からかこの二階部分は10年に渡り看板で覆われていたのだが、数年前にワタリウム美術館の企画展の為に看板を外され公開されたという。

b0156734_17470309.jpg
ワールズエンドとのコラボもそうだけど、83年から84年に掛けてのキース•ヘリングは最も精力的で自由だったと感じます。

そして面白い事にその後、この建物はどんどんと育っていったのです。

b0156734_17540577.jpg
2007年 一階壁面にバリー•マッギー が作品を残し、、


b0156734_17564030.jpg
2012年 Chim↑Pom が足され、、



b0156734_17585472.jpg
2013年 JRの作品が睨みをきかす。



b0156734_18121925.jpg
2014INVADERの到来。


なんとも錚々たる現代ゲージツ家が揃ったもんだ。これは国(東京都?)が有形重要文化財として守って行かなきゃなレベルだと思います。


そのほかにも、有名なのか無名なのか、勉強不足で分かりませんが、クオリティの高い作品が至る所に。


b0156734_18151487.jpg

b0156734_18152918.jpg

b0156734_18154503.jpg

b0156734_18155878.jpg

b0156734_18161920.jpg

b0156734_18163393.jpg


因みに今は何屋さんなのかと、ガラスのドアを見てみると。

b0156734_18164852.jpg

HOTEL JAPAN、、、?

中に入ろうともお休みなのか鍵が掛かっていて残念。ガラス越しに覗くと真ん中にダブルベッド。。。

詳しく知りたい方はこちらで♪


そんな訳で最後になりましたが、1983年にキース•ヘリングが来日した時に日本に於いて最初で最後となった個展をギャラリーワタリで開きました。冒頭の壁画はその時のものなんですが、、それから随分と経って当時の個展ポスターをある方から譲って頂いたんです。そのときは転げ回って嬉ションしたりなんかしたんですが、額装するのが億劫だったり、なんだかタイミングが悪くずっとタンスの奥で眠っておりました。そんなこんなで今回の引越しで久しぶりのご対面。折しも僕自身キース•ヘリングやっぱり好き!ってなタイミングで、額装して飾ることにしたのです◎

b0156734_18371873.jpg
どんな額装が合うのか悩む、、、

紙が特殊で写真じゃ分かり辛いのだけど、シルバーの粉が混ざったようなほんの少し光沢がかった感じなんです。
b0156734_18453412.jpg

b0156734_18455272.jpg

1983年3月8日から1ヶ月も開催されてたんですね、、、行きたかった!


by gindama_pistol | 2015-04-27 17:19 | モノ | Trackback | Comments(4)
オトンとフリスビー

また昔話なんですけど、子供の頃、家の前にマンガのような土管が転がった空地があってね、、その空地が遊び場としてちょうど良かったんです。毎日夕方になるとオトンが職場からダックスホンダにまたがり帰って来るんです。つかの間の夕暮れ時にオトンとフリスビーを投げ合うのがなんだか楽しかったな。野球や球技には全く興味が無かったんですが、円盤を投げ合うのは好きだった、、あの上昇気流に乗ってふわっと浮きあがる動きが堪らなかった。ついこの前、もうおじいちゃんになったオトンが上京してきたんですが、ふとフリスビーを投げあっていた頃を思い出してセンチメンタルなキモチに、、、

そうだ、フリスビーを買おう!

b0156734_15132644.jpg
いろいろ探していてこれはというのを見つけました。ピザの箱みたいなんに入ってフリスビーがやってきた。

裏側がスケルトンになっていて中身が見えるのだ。
b0156734_15151327.jpg

やっぱ、タコだよタコ♪

メーカーはフラフープをよにだしたWham-O社であります。

b0156734_15192691.jpg

b0156734_15195369.jpg

b0156734_15200848.jpg


ぽってりしたシェープにこの素材がまたいいのだ。

早く思い切り投げたいな♪


by gindama_pistol | 2015-04-23 15:02 | モノ | Trackback | Comments(0)
いつまでも好きなモノ

また昔話で申し訳ないんですが、、、

三重から上京したばかりの頃、渋谷西武の一階にひっそりとworld's end(ロンドンの洋服ブランド)が置いてあったんです。ちょうどその当時はキース•ヘリングも注目を集めていてね、1983/84の秋冬コレクションではwitches(魔女)をテーマにキース•ヘリングとコラボしたんです。

超貴重な当時のショーの模様です。


バックステージにキース・ヘリングはもちろんの事、バスキアまで!

そんな訳で西武の1階で欲しいまふ眺めては財布と相談して、、、ようやっと買う決心をして行ってみれば全て売り切れ、、、もう号泣もんでっせ、、、

それから十数年が経ち、コンピューターを手に入れた僕はヤフオクやらebayで当時のコレクションを探し続けていたんですが、たまに出てもあり得ない高価格、、、半場諦めかけてたんです、、、

そしたら、なななんと!去年の暮れにworld's end classicsとして発売されたんですよ!

そんなこんなで当時とっても欲しかったマフラーを自分の誕生日プレゼントとして購入♪

b0156734_16084467.jpg

もう一回寒くなってくれ!!!







by gindama_pistol | 2015-03-18 16:25 | モノ | Trackback | Comments(2)


最新のコメント
*ごりさん 黒鯛残念で..
by gindama_pistol at 10:19
最高の場所ですね、 南..
by ごり at 08:57
*大さん こんにちは。..
by gindama_pistol at 11:51
こんにちは。 イソメ滑..
by 大 at 00:36
*ごりさん あの川、ポ..
by gindama_pistol at 16:30
私、10日は、あの川に行..
by ごりさん at 10:25
*ピケさん そうなんで..
by gindama_pistol at 11:22
2番目の”あのかわ”、プ..
by ピケ at 08:07
*ごりさん こんにちは..
by gindama_pistol at 10:28
やっぱりWD方面は、だめ..
by ごりさん at 08:55
*ピケさん 最近良くウ..
by gindama_pistol at 11:43
お!ウロちゃん釣れてます..
by ピケ at 08:17
*きのこ三十郎さん 勿..
by gindama_pistol at 19:09
++LINKS++
検索
ブログパーツ
ライフログ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧