あんなことやこんなこと。ゆるゆるポンコツ雑記帳です。ごく希にですが真面目な事を書いてみたりみなかったり、、どっちやねん。

by 銀玉
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
以前の記事
めいわくかけて ありがとう


随分前から古本屋に行く度に探してた本。
昭和58年に発行された「たこでーす。〜オレが主役でいいのかなぁ〜。」という本。今から22年前に海で溺れ亡くなった(海に帰った)たこ八郎さんの本であります。


b0156734_20562276.jpg





たこ八郎さんの本とは言っても、たこさん本人が書いた訳では無く、たこさんのインタビューを中心に親しい友人達(タモリ、赤塚不二夫、あき竹城、柄本明、由利徹、ファイティング原田、、他沢山)がたこさんについて語り、たこさんとのエピソードが写真も含め240ページに渡って綴られています。


b0156734_20565937.jpg




今年の春、偶然中目黒の古本屋で見つけてやっと手に入れました。そして読み進むうちにどんどんたこさんに魅了されてしまい、改めて「たこ八郎」というあまりに不器用で、とんでもなくアブソリュートでイノセントな人間性にサプライズさえ憶えたのであります。(すみません、、ルー入りました)



この本を読んで、心にグッと来た小さなエピソードを二つ紹介したいと思います。

まずは子供の頃のたこさんのエピソード。

小学生の頃、弁当を持ってこられない生活の苦しい友達のため米に不自由しない農家の息子である清作(たこさん)は、「弁当のない子にわけてあげよう」と母親に弁当を余分に作ってもらい学校へ。でも「弁当のない子は何十人もいる。このままでは足りない。わけてもらえない子が出たらもっとかわいそう」と悩んだ末、そのまま学校を休んでしまった。



そしてもう一つ、赤塚不二夫さんが語ったエピソード。

たこちゃんが嫁さんにしたいって言うんだよね。俺の娘を。で、たこちゃんに「食わせていけるか?」って聞いたら、「先生がいるから大丈夫です」って。「オレがたこを食わすのか?」って聞いたら、「それが親のつとめです」。「娘に食わせるのはいいけど、たこに食わせていくつもりはないよ」って言ったの。すると「それはダメです」って。本気で言ってるわけじゃないけどね、うまいこと言うんだ、たこちゃんは。頭の回転早いですよ。ハチの一刺しじゃないけど、適当なところでブスっと一言で片付けちゃうのね。そんな時、俺達は旨く答えられなくて、「たこちゃん・・・」って、笑ってごまかしてるよ。



そして読み終えて改めて思う。たこさんは男の中の男です。人と戦い、自分と戦い、全ての人に無垢な愛を惜しみなく注ぎ、ある時は素直なまでに人に甘え、酒を煽り、みんなに愛され、そして、たこは海へ帰った。


b0156734_20573842.jpg




タモリさんが葬儀の席で言った言葉「たこが海で死んだ。なんにも悲しいことはない。」


赤塚さんの弔辞といい、タモリさんの口から出る言葉は重く深いです。



今から数年前の事ですが、たこ八郎さんのお地蔵さんが鶯谷の「下谷法昌寺」にあると知って会いに行きました。師匠であった由利徹さんを始め赤塚不二夫さん、山本晋也さんらが発起人となり生前仲良かった人達が『東京でもお参りする所があったらいい』との提案から昭和60年に建てられたそうである。現在では「たこ地蔵」と呼ばれています。


b0156734_20582316.jpg



トレードマークのヘアースタイルに欠けた耳、胴体には座右の銘「めいわくかけてありがとう。」とたこさん直筆の文字が彫ってありました。こんなお地蔵さんを建てて貰える友達が居たたこさんは本当に幸せ者である。

b0156734_2059483.jpg



めいわくかけてありがとう。なんだか可笑しな日本語ではあるが、この言葉が大好きであります。


b0156734_20595540.jpg



今頃天国では赤塚さんと焼酎呑んで、馬鹿騒ぎしてるんでしょうね。
by gindama_pistol | 2008-09-01 21:39 | 拙言 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://ginpistol.exblog.jp/tb/9413595
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by satoo_y at 2008-09-01 23:24
なかなか噛み切れない良いタコでしたよね。
Commented by gindama_pistol at 2008-09-01 23:35
*satoo_yさん
えええ?このタコを噛み切ろうとトライしたんですか???
僕は噛み切れませんでした、、、涙
Commented by バッジョ at 2008-09-03 02:10 x
たこ八郎 懐かしいなぁ~ッ!
岡八郎もおったよなぁ~ッ!
あっ、宅八郎はいづこへ?
Commented by gindama_pistol at 2008-09-03 08:24
*バッジョ
東八郎忘れてまっせ(笑)あと超マニアックな所でイカ八郎ってのもいるんだぜ。宅八郎は地味にライブ活動してるとかしてないとか。。。
Commented by Taka at 2008-09-03 11:33 x
やー、ジーンときました。
たこさんって何だか憎めないというか、可愛らしいところもあって男らしくもあって素敵な方です。私は赤塚さんも大好きなので、天国で二人して馬鹿騒ぎしていることを祈ります。
しかしタモリさんの言葉って深くて愛情溢れていて素晴らしいですね。
Commented by gindama_pistol at 2008-09-03 12:37
*Takaさん
ジーンと来る話がこの本の中にもっともっと沢山書いてあるんですよ。本当、赤塚さんを取り巻いていた人たちはクセのある強者だらけでしたが、みんな素敵な方達ばかりでしたね。
Commented by とんがらし at 2012-10-19 17:44 x
たこ八郎はずっと近所に住んでいましたよ。
何時も帽子から靴まで全部赤づくめで、酔っ払ってフラフラしてたんです。
んで、このですねぇ、この本と連動して出していた、レコードがまーた秀逸でして、中学生の時、新宿ですが、TVKが見れた友人の家へ行くと、その名曲、「たこで~す」のCMをしょっ中やっており、あまりの衝撃の為、なけなしの小遣いはたいて買いに行ったのです。
んで、何時か近所のたこ八郎に、サインして貰おうと思い、出て来るのを待ち伏せていたのですが、おしっこ漏らしながら出て来たので、諦めてその日は帰りましたよ。
歌の最後、フェードアウト部分に、「もぉ~歌えねぇよぉぉ」と消えいる様な声が録音されていたのも、かなぁーり衝撃受けました。
Commented by gindama_pistol at 2012-10-20 09:05
*とんがらしさん
貴重な体験をされてますね!羨ましすぎであります。
それにしてもそのレコード、聞いてみたい、、中野ブロードウェイで探してみようかな(笑)
<< ナポリ人もビックリ 冷やし中華終わりました >>


最新のコメント
*ピケさん ありがとう..
by gindama_pistol at 13:39
ハピ・バスデー・チュー・..
by ピケ at 18:54
*きのこ三十朗さん 今..
by gindama_pistol at 11:47
羨ましいにも程がある! ..
by きのこ三十郎 at 13:25
*なおPさん ありがと..
by gindama_pistol at 12:02
おめでとう!(^^)ノ
by なおP at 20:34
*れーこさん 基本シャ..
by gindama_pistol at 11:55
*きのこ三十郎さん き..
by gindama_pistol at 11:54
シャープな顔立ちが好きな..
by れーこ at 01:13
藤圭子さんと黒木メイサさ..
by きのこ三十郎 at 17:33
*ピケさん CTNG(..
by gindama_pistol at 15:33
あ! 卵乗りゴハンや~..
by ピケ at 08:15
*pekopapaさん ..
by gindama_pistol at 10:25
++LINKS++
検索
ライフログ
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧