あんなことやこんなこと。ゆるゆるポンコツ雑記帳です。ごく希にですが真面目な事を書いてみたりみなかったり、、どっちやねん。

by 銀玉
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
津のソウルフード

まだまだ続く津ぅ〜ネタであります。

元津市民である僕が上京してから、いつの間にやら20年以上の歳月が過ぎてしまいました。津の町は、今では風景も様変わりしてしまい、あの活気があった夜の飲み屋街もすっかり寂れてしまいましたが、僕は今でも津を愛しておるのであります。そして津でしか食べられない食べ物が大好きです。

津には美味しいものが沢山あります。そして意外な食べ物の発祥の地であったりします。これに関してはブログを書き始めた当初、詳しく書いた事もありました。

でも“津の味”って何なのだろう、、津のソウルフードってやつです。千寿の天むす、はし家のうなぎ、湖南のホルモン、一福の手羽先、福とんのトンカツ、中津軒のメアベア、東洋軒のブラックカレー、とらやのいちご大福、蜂蜜まんじゅう、たこのたこ焼き、、まだまだ沢山あって人によっても様々だと思いますが、どれも津の味であります。

僕にとっての“津の味”は上に挙げたもの以外に一つ特別なものがあるのです。今でも時折無性に食べたくなる懐かしい味、、それは津の屋台ラーメンであります。夜鳴きそばと呼ばれるチャルメラを鳴らし、屋台を引っぱりながら中華そばを売り歩くのもありましたが、ここで言うのは夜9時になるとどこからともなく現れ赤提灯に灯がともり、真夜中まで営業していた屋台のラーメン屋の事です。その昔、今から20年以上前の津には数軒の屋台ラーメンがありました。津の屋台ラーメン、、津を離れてから分かった事ですが、非常に独特の物であったようです。基本醤油ラーメンなのですが、スープは少し白濁しており黄金色。味は若干塩辛く感じるがそれ以上に甘さが勝っている。そして少し柔らかめのちぢれ麺である。口で説明の出来ない独特の味であるが、飲んだ後や夜食にこのラーメンを猛烈に食べたくなったものだ。何故か屋号はそれぞれ違うのにどの屋台も同じようなラーメンを食べさせるのである。そして茹で玉子を一つサービスしてくれるのが津の屋台ラーメンのスタイルである。

子供の頃の話であるが、もうそろそろ寝る時間だというのに親父が突然車に僕を乗せ、ラーメンを食べに連れていってくれた。年に数度あるかないかの嬉しい夜、夜更かしをしてぼんやり灯った裸電球の下食べたあのラーメン、、まわりは酔っぱらったおっちゃん、派手な化粧の夜の女、、香水の匂いと酒の匂いの中で食べたあのラーメンの味、、そして中学生になってこっそり家を抜け出し友達と食べたのも、あの屋台のラーメン。僕にとってあのラーメンは夜の大人の味なのであった。

そんな津の屋台ラーメンであるが、今では僕が知っている限り丸吉という、これも古くからある屋台一軒を残すのみとなってしまった。今でも帰省した際に丸吉のラーメンを食べる事があるが、実は僕が一番贔屓にしていたのはこの丸吉では無く、長崎屋という屋台であった。親父に連れて来られたのも長崎屋であった。その長崎屋であるが、もう20年近く前からその屋台の姿を目にする事が無くなった。最後に一度で良いから食べたかったな、、懐かしいあの味が忘れられない、、、

そんな中、去年の事であるが、いつも読まして貰っているミセスM子さんのブログに書かれたこの記事を見て一瞬「マジ???」と疑ってしまう程びっくりしました。それは長崎屋は無くなった訳ではなく、実はある場所で今でも営まれていると、、、。

そんな訳で、毎度の事ながら非常に前置きが長くなりましたが、、今回の帰省であの幻になってしまった筈のラーメンに再会する事が出来たのであります(嬉)

住所が分かったので地図検索をすると、そこは田んぼに囲まれた場所でありました。津の市街地から車を使って15分、、雲出川の近くにあるらしい。地図を見る限りこんな辺鄙な所に本当にラーメン屋があるのかと疑ってしまう。


テナガエビ釣りをした帰り道、田んぼの真ん中を突き進みました。民家が疎らに建つ道を曲がってしばらく進んだ脇で、思わず見過ごしてしまいそうになりましたが、、、あった!


ここだ!
b0156734_14421553.jpg


探そうとしなければ絶対通り過ぎる、、

そしてあの屋台もそのまま残ってました(涙)
b0156734_1392055.jpg

今でもこの左手前の屋台でラーメンを拵えています。そして屋台とは別にあるほったて小屋(失礼)の中で食べられるようになっています。

これが店内?です。
b0156734_13123763.jpg

右側が入口です。僕が撮っている場所にも壁に向いてベンチがありそこにも7名位座れるようになっています。

ラーメンを注文すると茹で玉子一つ(サービス)を手渡してくれました。
b0156734_13101287.jpg

お茶も茹で玉子も基本セルフではありますが、知らずに座っていると愛想のいいばあちゃんが持ってきてくれます。この茹で玉子はラーメン待ちながら食べていても良いし、出来上がったラーメンに入れてもいいです。僕はラーメンを待っている間に塩振って食べちゃいます。


そしてあの幻のラーメンが運ばれてきました。
b0156734_13122530.jpg

器も当時のままです(涙)チャーシューが仰山載っていますが、これで普通の醤油ラーメン(500円)です。具は透けるような蒲鉾二枚、きくらげ、ネギ、支那竹がほんの少し、、、昔のまんまのあのラーメンが目の前にあります(涙)

堪らず、一口ラーメンをすすり、そしてスープを飲みました。うん、しょっぱい、、そして甘い、あの味だ。大人の夜の味だった長崎屋のラーメン、、昼間に食べたのは初めてだったけど、昔となんら変わらずしみじみ旨かった。これぞ津の味、津のソウルフードである。

ラーメンを作るじいちゃんも、ラーメンを運ぶばあちゃんも昔となんら変わらない、、そして今も元気で良かった。確か当時からおじいちゃんとおばあちゃんだったんだよなぁ、、もしかするとこの二人はいつまでもじいちゃんとばあちゃんで100年先でもこの場所で同じようにラーメンを拵えているんじゃなかろうか、、あり得ないけどふとそんな事を想像してしまいました。

そうそう、、釣ったテナガエビが入っているバケツを覗き込んだじいちゃんは「このエビ釣れるんか!?掬ったんとちごて??そりゃおもろそうやな、そんなんやったらわしもやってみたいわ!今度連れてってくれ!ガハハハハ!」そう豪快に笑いながら屋台の中に戻っていきました。


たまたま11時半の開店と同時に入りましたが、食べ終わって出る頃には店内満席です。まだまだ長崎屋は健在である、、そう確信をして屋台を後にしたのでありました。。
by gindama_pistol | 2009-07-22 08:58 | 食い道楽(外) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://ginpistol.exblog.jp/tb/11564437
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by マグ at 2009-07-22 13:59 x
ええ話しやないですか。
思わず泣きそうになってしまいましたよ。
おやぢになって、最近涙腺がゆるくなってね、涙もろいんですよ。
あたくしは、この手の話しにまったくもって弱いんですよ。

こんなに真面目に商売を続けてきた欲の無いジジとババは、100年後も変わらずにラーメン作っていなくちゃいけませんね。

今の日本は、こんな素敵な人達をもっと大切にする国に変わらなくちゃいけませんよ。変わっていいものと、変わっちゃいけないものを間違えているのが、今のこの国なんです。
Commented by gindama_pistol at 2009-07-22 14:12
*マグさん
僕もマグさんのタチアオイや通学路の話で泣いてしまいました。非常に涙腺弱いです、、すぐにダムが決壊します(笑)本当、長崎屋の老夫婦はええ人でええ夫婦です。そして決してお金持ちでは無いと思いますが、本当羨ましく思える程幸せに見えます。
Commented by ayacchi_kariho at 2009-07-22 17:24
本当に知らないと通り過ぎてしまいそうな感じですね!
おじいちゃんおばあちゃんがかわなないとこもまたいいですね~。
オマケのゆで卵が嬉しい~。あったかみがありますね!!
Commented by gindama_pistol at 2009-07-22 22:00
*あやっちさん
でしょでしょ!必死で探していたにも関わらず通り過ごすところでしたもん。じいちゃんとばあちゃん、、ほんと変わらないんですよ、、結構びっくりしました。

オマケのゆで玉子は超固ゆででした(笑)
Commented by 引退釣師 at 2009-07-23 16:19 x
ううっぐすっ、もう堪忍してぇ~(号泣)いあいあ涙腺ユルさは負けまへんでっ^^;少年時代を思い起こすような、陽水さん歌っちゃうような?、ええ話ですねぇ。派手な化粧・・・、親父さんと・・・、そしてなぜか乗ってる鮮やかなカマボコのピンクにグッときちゃいました。私の親父との思い出は、勤め先近くの屋台おでん屋さん。ゆでたまごではなく、バナナをいっつも帰りにくれるんです。あと始発電車で釣りに行ってた頃、JR千葉駅構内の立ち食いラーメン。350円くらいでレトロでチープでも美味しいんですが、乗っていたナルトのピンクを思い出すんです・・・なんか理屈とかぢゃなくて脳内反応みたいなかんじ・・・。毎日更新おつかれさまです^^/でも楽しいのでがんばってくださいね~
Commented by gindama_pistol at 2009-07-23 17:05
*引退釣師さん
きっと引退釣師さんこそブログ書かれたら面白いと思いますよ~♪

なんかおでんの屋台の方が大人でドラマっぽいです。そういえば何故か津にはおでんの屋台無かったなぁ…。全部ラーメン屋でした(笑)
<< 特別料理メアベア 雲出川でテナガエビを釣る〜2日目〜 >>


最新のコメント
*ピケさん こんにちは..
by gindama_pistol at 13:24
この釣りが僕の理想形です..
by ピケ at 21:31
*ごりさん 黒鯛残念で..
by gindama_pistol at 10:19
最高の場所ですね、 南..
by ごり at 08:57
*大さん こんにちは。..
by gindama_pistol at 11:51
こんにちは。 イソメ滑..
by 大 at 00:36
*ごりさん あの川、ポ..
by gindama_pistol at 16:30
私、10日は、あの川に行..
by ごりさん at 10:25
*ピケさん そうなんで..
by gindama_pistol at 11:22
2番目の”あのかわ”、プ..
by ピケ at 08:07
*ごりさん こんにちは..
by gindama_pistol at 10:28
やっぱりWD方面は、だめ..
by ごりさん at 08:55
*ピケさん 最近良くウ..
by gindama_pistol at 11:43
++LINKS++
検索
ブログパーツ
ライフログ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧