あんなことやこんなこと。ゆるゆるポンコツ雑記帳です。ごく希にですが真面目な事を書いてみたりみなかったり、、どっちやねん。

by 銀玉
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
肥後守

伝統、老舗、職人、世襲、道具、匠、技、郷愁、侘び寂び、、、

大抵の男はこういう類に弱い、、しかもおっちゃんになればなる程、こうした類に強く惹かれていくのである。そしてその対象となるものが「物」という形があるものであった場合、最初は眺めているだけで満足出来たとしても、次は手にとって触ってみる。そのモノの感触、より近くで眺めたり、色んな要素が重なり合う事によってより一層惹かれ、それは物欲心という厄介なモノを呼び起こすのには十分な理由となり、末は自己との葛藤となるのです。大層な事言いましたが、実際にはその対象となるモノは老舗、職人、匠なんて付加価値が付く事により大抵は高価であり、僕にとって手の届く範疇には無い訳で、その時点でそれは妄想で終わったり、いつの日かそうしたモノが買える事を夢見て、毎日毎日をがんばるしか無いのでございます。憧れの和竿の誂えでさえ、今の僕にはその枠の中であり未だ夢なのであります、、はぁ、、。


でもね、、たま〜〜に手の届く範囲内で実に僕の物欲心を満たしてくれるモノに出会うとこもあるんですよ。今回はたまたまネットで情報集めていた時に偶然辿り着いた75歳のおじいちゃんのブログでそれを見つけてしまったんです。


それは肥後守(ひごのかみ)。

b0156734_1472081.jpg


僕はこのナイフの存在を知らなかったのですが、現在50代から60代の方達にとってはかなり懐かしいナイフなのだそうです。因みに僕の小学生時代はみんなボンナイフを筆箱に入れていました(懐)それとは別に確か小学三年生の頃に外に持ち出すなとの条件付きで、親父にナイフを貰いました。昔は皆そうだったんですよね、小学生の内に基本的なナイフ(刃物)の取扱いを覚えたものです。親父にポンとナイフを手渡され、最低限の使い方、絶対にしてはいけない事を教えられ、後は自分で覚えていく。いいんです、何度か手や指を切って2、3針縫おうが、、男の子ですもんね。そして刃物で切った傷みを感じる事も大切な事なのです。因みにこの方が僕の言いたい事を更に分かり易く上手な文章で書かれてますので、、、やはり同世代の人間が経験して来た事、思いは似てますね。

b0156734_14252312.jpg


シンプルでいて凄く格好良い。これは明治27年から現在まで肥後守を作り続けている永尾製作所の四代目永尾元佑さんが拵えた刃渡り80mmの青紙本割込「肥後守」であります。

b0156734_14301623.jpg

こうした若干荒くはあるが無骨な所にグッとくるんです、、、男の子ですから。


しかもこの肥後守は最終的な本研ぎ?というか仕上げがされていない。手に入れたらまずは自分好みに研ぎ込んで仕上げるのである。

b0156734_14345913.jpg



伸ばし伸ばしにしていた、砥石の購入、、近々買いに行かねばならなくなった。
by gindama_pistol | 2009-06-06 14:43 | モノ | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://ginpistol.exblog.jp/tb/11186709
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hammer_kong at 2009-06-06 18:20
そして、、、少々高価でも、“特別手造り”に心動かされてしまうのである。

、、、男の子、、、だから、、、。
Commented by ワカ at 2009-06-06 19:39 x
↑この方に研いで貰えば良いのです(笑)
Commented by ふみづき at 2009-06-07 00:57 x
砥石は浅草「といしや」ですか?
なんだか最近ちょっと新しくしちゃったので偵察してきてください!
Commented by gindama_pistol at 2009-06-07 08:52
*Kongさん
今日は実に良い天気ですね(笑)
そうです、、少々高価でも、、やばいですね。そして誂え和竿が少々高価と思える位に稼ぎたいです(涙)
Commented by gindama_pistol at 2009-06-07 08:54
*ワカさん
喜んで研いでくれそう・・・(笑)
いやいや、僕も研ぐのが好きになってしまうと思います、、きっと、、
Commented by gindama_pistol at 2009-06-07 08:58
*ふみづきさん
こんな店知らなかった、、、もうっ!ありがたメイワクな情報を!!(涙)天然砥石が欲しくなっちゃったじゃないかぁ(涙)

教えてくれてアリガトウ(こそ)
Commented by 引退釣師 at 2009-06-07 17:14 x
こんにちはっ。肥後の守なつかしいっす~私は同じくボンナイフ(これも懐かしいですね)しか持ってませんでしたが、工作の時間に担任の先生が使ってた記憶があります。仰るように男にとっては”刃物デビュー”(へんな意味じゃなくて、初のマイ・カッターみたいなことです)は儀式的なものがありますね。狩猟DNAがうずく~みたいな!?
Commented by とんかつ at 2009-06-08 09:40 x
ぼくも小学校の時、使っていましたよ~ そして刃物にはとっても興味があります。菜切り包丁、中華包丁、刺身包丁、出刃包丁は日々使い、飛び出しナイフは出し入れしながら喜んでいます。砥石は粗削用と仕上用があると良いですね。研ぎ汁がネバネバ出てくるとわくわくします。突然無性に包丁を研ぎたくなります、夜中でも暗がりで独りシコシコ・・・怖いですね。
Commented by gindama_pistol at 2009-06-08 11:25
*引退釣師さん
ご存知でしたか、、とは言っても僕と同じボンナイフ世代ですよね!ボンナイフにも色んな思い出があり機会があれば書いてみたいと思っています。因みに僕は緑色のキラキラしたやつがお気に入りでした♪やはり今の小学校が筆箱にナイフ入れていたら没収されてしまうんでしょうね…
Commented by gindama_pistol at 2009-06-08 11:37
*とんかつさん
未だに刃物を研いだ経験が無いので今度教えてください!

とんかつさんは料理好きだから包丁も沢山持ってるんでしょね。刺身なんかも、それ用の包丁で切ると驚く程楽にキレイに切れますもんね、、今小ぶりの柳刃がとても欲しいです、、、
Commented by とんかつ at 2009-06-08 12:22 x
ちょっと高額ですが、有次なんぞ良いですよ 合羽橋の包丁屋さんなんぞ行ったら、手ぶらでは帰れないですね
Commented by gindama_pistol at 2009-06-08 15:37
*とんかつさん
有次、、調べてみました。築地の有次、京都の有次、、どちらにせよ良いですね、、惹かれます、、、
<< 大軍団 エサの入れもん >>


最新のコメント
*ピケさん こんにちは..
by gindama_pistol at 10:24
いやはや凄い数ですね~♪..
by ピケ at 18:35
*ごりさん いるところ..
by gindama_pistol at 11:05
流石でございます。 ね..
by ごりさん at 06:30
*ピケさん ありがとう..
by gindama_pistol at 10:51
*なおPさん おかっぱ..
by gindama_pistol at 10:51
リンクしときました。 ..
by 楽しいハゼ釣り at 07:53
先日はお疲れ様でしたm(..
by なおP at 19:40
*ピケさん そうなんで..
by gindama_pistol at 10:48
へぇー!イイダコ釣りの船..
by ピケ at 21:10
*ごりさん こんにちは..
by gindama_pistol at 11:44
同じ日に私も横浜に行った..
by ごりさん at 22:25
*slow-handさん..
by gindama_pistol at 11:40
++LINKS++
検索
ブログパーツ
ライフログ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧